「ラブプラス+」の舞台にもなった「ホテル大野屋」民事再生法の適用を申請

写真拡大

(画像:Amazon.com)(C)KONAMI
 
あのホテル大野屋が倒産!悲しみに暮れるラブプラスファン2010年11月19日、「ホテル大野屋」を経営する大野屋本店(静岡県熱海市)が、 静岡地裁沼津支部に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた事がわかった。
 
ローマ風呂で有名な「ホテル大野屋」。最近ではコナミより発売されているニンテンドーDS用ソフト「ラブプラス+」の舞台として全国的に知名度が上がった。

しかし、客の減少から資金繰りが悪化し、負債総額は約21億5千万に。

2010年夏には「熱海ラブプラス現象(まつり)キャンペーン」が行われ、ホテル大野屋を中心に、熱海市全体でラブプラスを応援が行われていた。ラブプラスにまつわるグッズも多数販売されていた模様。

CopyRight Hotel Ohnoya
▼外部リンク
ホテル大野屋
ラブプラス+


■関連記事
サイバーガジェットより、PS3改造ツールが登場!
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7」がついにオリコン1位に!
「君が呼ぶ、メギドの丘で」のバディが、アルターフィギュアとなって登場!
バンダイナムコゲームス「アイドルマスター2」発売日がついに決定!
大阪・日本橋に「ファミコンバーDendo」がオープン!