電子書籍作成販売サイトの「パブー」が開催する『パブー作家発掘プロジェクト♯01 第1回 絵本コンテスト』の大賞受賞作品が11月11日、決定した。応募総数は355点。大賞に輝いたのはソ・ミジさんの『ニコニコしょうてんがい』。

 「パブー」とは、GMOインターネットグループの「paperboy&co.」が運営する電子書籍作成販売プラットフォーム。『パブー作家発掘プロジェクト』は、今まで作品を作っても発表する方法がなかった個人の才能を発掘し、近年注目が高まりつつある個人による電子書籍出版の活性化を目的として行われている。

 今回の大賞受賞者ソ・ミジさんは、絵を勉強するために2006年に来日。その際に出会ったという、実在する商店街「ニコニコ商店街」をモデルに作品を制作した。「商店街の人たちの温かさや笑顔が、様々なところからにじみ出ていて、人との繋がりが希薄になっている現代社会で忘れかけていた大切なことを思い出させてくれる良い作品」と同作を評価したのは、特別審査員の高田延彦さん。

 審査方法はTwitterと「ブクログ」での一般投票に加え、特別審査員による審査で決定。同作はTwitterと「ブクログ」による一般投票と、特別審査員による二次審査の双方で高い支持を得て受賞に至った。
 
 受賞者には賞金50万円が贈られ、作品はiPad/iPhone専用の絵本アプリとして「パブー」サイト上で公開される。また、公式サイトでは、大賞受賞作品の他、全応募作品を見ることもできる。

 『第1回 絵本コンテスト』公式サイト
 http://p.booklog.jp/contest/01/result

 「パブー」
 http://p.booklog.jp/







■ 関連記事
ネットを捨てよ、町へ出よう?〜『ポスターを貼って生きてきた。』(2010年11月13日09:59)
『『もしドラ』編集者がヒットの裏側を語る講演会―六本木ヒルズで開催』(2010年11月12日05:55)
カリスマ経営者のプロ論とは?〜『本音の飲食店』(2010年11月11日05:53)


■配信元
WEB本の雑誌