古代ローマの浴場を模した「ローマ風呂」や、近年はコナミの「ラブプラス」とのキャンペーンをしたことでも知られる「ホテル大野屋」を経営する株式会社大野屋本店が民事再生法適用を申請し、保全命令を受けました。

負債は21億5000万円で、そのうち金融債務が約18億円となっています。

詳細は以下から。
ローマ風呂で有名な「ホテル大野屋」経営 株式会社大野屋本店 民事再生法の適用を申請 負債21億5000万円

ホテル大野屋の創業は1934年(昭和9年)。客室数は174、収容人員は1040名と熱海でも最大手クラスのホテルであり、非常に高い知名度を誇っています。1980年に総工費35億円で本館を増改築し、1987年には総工費20億円で旧館を取り壊して収容力を拡大していました。

バブル期の経営は多くの団体客もあり好調だったようですが、バブル崩壊後は景気低迷に合わせて客足も低迷。収入減少が続く中で毎期欠損計上を余儀なくされ、債務超過の中での厳しい経営となっていたそうです。

今回、大野屋本店は金融機関との弁済条件交渉が不調に終わったことから、事業継続のために民事再生法の適用申請を決断したとのこと。

熱海の名物ホテルが「ラブプラス」キャンペーンを行うとは思い切ったことをやると思っていましたが、その裏には苦しい経営事情もあったようですね……。

ちなみに、実際に大野屋に行ってみた様子はこちら。

熱海を代表する老舗「ホテル大野屋」とはどんなホテルなのか見てきた


・関連記事
「ラブプラス+」の愛花・凛子・寧々が旅するご当地表紙「テレビブロス」全5種類の実物を並べてみた - GIGAZINE

「ラブプラス」がニンテンドー3DSに登場、より細かい演出でカノジョの可愛い仕草がパワーアップ - GIGAZINE

カノジョと一緒にカラオケデート、JOYSOUNDが「ラブプラス」とのコラボキャンペーンを実施へ - GIGAZINE

ディーラーたちの底力が大爆発した「ラブプラス」フィギュア in ワンダーフェスティバル2010[夏]まとめ - GIGAZINE

キスの瞬間のあの顔がたまらない「ラブプラス」ねんどろいど - GIGAZINE


記事全文へ