『星のカービィ』開発者が新発売ゲームの動画をアップする人に怒り「滅びればいいのに」

写真拡大

星のカービィ』シリーズや『スマッシュブラザーズ』シリーズに携わってきたゲームクリエイター・桜井政博さんが、モラルなきゲームプレイヤーに対して怒りのコメントをして話題となっている。

発売されたばかりのゲームの動画をインターネット上に掲載しているプレイヤーが多くいるだめだ。確かに、インターネット上には最新ゲームの動画が多数アップロードされており、悪質なものになるとストーリーのネタバレシーンや、エンディングの動画を掲載している場合がある。桜井さんはそんな人たちに対して、以下のように怒りをぶちまけている。

・桜井政博さんのコメント
発売日早々、最後の展開などの動画をアップする輩は滅びればいいのに、と思う。『ゴーストトリック』など、シナリオが肝のゲームで平然とやられていることを思うと、人ごとではなく落ち込む
(引用ここまで)

ゲームはその性質上、動画が流出すると致命的なダメージを受ける。ストーリーやムービーの描写など、ゲームを購入して進めないと見ることができない要素が多くあるからだ。ゲームクリエイターが怒るのも当然といえる。

プレイヤーによるゲーム動画のアップロードは、ゲーム業界にとって非常に悩ましい問題である。プロモーションにもなりえるし、ネタバレにもなりえるからだ。アップロードしているのはプレイヤーなので、ゲーム会社が動画の内容をコントロールすることはできない。コントロールしようとすれば、プレイヤーからの反発は免れないだろう。

では、プレイヤーが動画内容に配慮をして掲載すればよいのだろうか? たとえ配慮をしても簡単にはいかず、内容がどうであれ著作権の問題が根本にあるので、いろいろと難しい問題なのは確かだ。

screenshot:Twitter

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースもあります