【斉藤アナスイの連コ】UFOキャッチャーを攻略する?

写真拡大

ゲームセンターの華、UFOキャッチャー。本来「UFOキャッチャー」という言葉はSEGAの機体を指すものであり、全般なら「クレーンゲーム」になるようですが、ここではあえてそう呼ばせていただきます。

さて、僕はこれまで嫌というほどUFOキャッチャーにお金を毟り取られて来ました。そうですね、まぁ具体的な金額は言えませんが、きっと親に知られたら人里離れた山寺に預けられるレベルです。だって成功したときのあの快感、一度知ったらもう止められない止まらない。あの人をバカにした様な愉快な音楽が脳にこびりつき、一晩中離れなかった時期もありました。でもあの中毒性…ふと我にかえり財布の中身を見て「…そんなつもりじゃなかったのに」なんて、思いをしたことがある人も少なくないんじゃないでしょうか。

まず大前提として「UFOキャッチャーは店側が儲かる」ようにできています。その辺はギャンブルと一緒かなと。そうじゃなきゃどこのゲームセンターにも置かれなくなっちゃいますからね。ただその一方で、100円一発で決めちゃうイケメンも存在するというのも事実。…そ、そうなりたい!あたしだってそうなりたいよぅ!…わかります、よくわかります。ぼ、僕だってそうなりたかったんだ!そんなわけで今回は、研究という名の散財を経て培った僕のUFOキャッチャーのノウハウを、皆様にお伝えしたいと思います。

ポイント1 中心ではなく重心を狙う皆様UFOキャッチャーで欲しい景品を見つけたときに、まずどこを狙うでしょうか。成功して女の子の好感度アップを狙う、なるほど。一回帰ってお風呂にでも入ってもらってもいいですか。最もポピュラーなとりかた「持ち上げてとる」を狙う場合は、中心ではなく重心を狙います。大事なのはバランスです。

例えば『キャプテン翼』の翼君(中学生時代)と『ポンキッキーズ』のガチャピンさんのぬいぐるみがあったとします。どちらも同じ様な背丈でサッカー上手。そして人気者。でもよく見比べてみて下さい。「…あれ?よく見ると緑の方、なんか頭デカくない?」。そう、それです!全体的にバランスのいい翼君なら中心を狙ってもバランスがとれるけど、ガチャピンさんでは頭が重くてバランスがとれないのです。こういった場合は、中心よりも上、肩のあたりを狙ったほうが成功率が高くなります。

ポイント2 必死になるのは恥ずかしいことじゃないさて、重心をある程度見定めました。次はいよいよ実際にクレーンを動かしてみます。まず横移動。これはクレーンと自分の目線が正面になるので比較的簡単です。アームの広がる範囲は、アームが閉じているときの曲がっているところまで、と考えて問題ないでしょう。


問題は奥移動です。正面から見ていると、ズレが生じてしまうんですね。だからここは恥ずかしがらず、素直に自分も台の横に移動しましょう。横移動は正面から、奥移動も正面からが基本。いいんです、必死で。戦わない奴らには笑わせておけばいいんです。ここまでやって失敗しても「あーここ、アームがちょっとアレだなぁ」とか言えばそれらしく聞こえるので大丈夫です。

ポイント3 店選びも大事例えば同じ景品でも、お店によってとりやすさが大きく異なることは珍しくありません。店にある景品自体は大体どこのゲームセンターでも被ってたりするので、とれる気配がなかったら店を変えてみるのも一つの手。まず普段自分と相性のいい店を攻めて、ダメだったら移動というパターンがベストですね。面倒くさがらず、ハシゴしてみましょう。冷静さを取り戻すにも、効果的ですしね。そうそう、もしかしたら何か新しい発見があるかもしれませんよ!(大体ない)

ポイント4(重要) 人に頼ろう最近のゲームセンターはどこも親切。台の前で、この世の終わり、みたいな顔していれば景品をとりやすい位置に置きなおしてくれることもあります。それでも気づいてもらえない場合は、「え〜これどうやってとるんですか〜」といった旨を九九が言えなそうな顔で伝えれば、とりかたを教えてくれたりもします。まぁプライドと天秤にかけた上で、といったところでしょうか。

他には前の人がやるのをこっそり見てて、(景品がオイシい位置になっていたら)諦めた瞬間にGOといった作戦も。僕はこれを「ハイエナ」と読んでいます。ただしこの作戦、本当に前の人が諦めたかを見極めて行ってください(台から離れたとしても、両替なども考えられます)。ケンカになっちゃいますからね。モラルは大事です。散々偉そうなことを言ってきましたが、結局人頼り。これが一番です。

いかがでしたでしょうか。次回はもう少しレベルアップした、UFOキャッチャーの攻略術。なんとあの「天空落とし」も登場しますよ(たった今命名)!

(テキスト&イラスト 斉藤アナスイ)










■関連記事