『宇宙戦艦ヤマト』の『超合金魂』と1/500スケールのプラモデル発売へ

写真拡大




バンダイは、テレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト』の主役戦艦、宇宙戦艦ヤマトを超合金にした『超合金魂 GX-57 宇宙戦艦ヤマト』を11月27日に、1/500スケールのプラモデル『1/500スケール 宇宙戦艦ヤマト』を12月5日に発売します。

『超合金魂 GX-57 宇宙戦艦ヤマト』は、BGMや効果音、発光などのギミックを搭載した、全長約425mm、1/625スケールの完成品モデル。BGMに『元祖ヤマトのテーマ』『無限に広がる大宇宙』『ブラックタイガー』『新コスモタイガー』の4曲を収録し、「波動砲発動音」「波動砲発射音」「主砲発射音」「パルスレーザー砲発射音」「エンジン発動音」「警報音」の6種の効果音を内蔵します。波動砲とエンジンノズルにフルカラーLED、第一艦橋と第二艦橋には緑色LEDを採用し、効果音と連動した発光により劇中のイメージを再現できます。音声の再生や発光は、付属の赤外線リモコンで操作できます。

主砲や副砲、格納庫、出撃ハッチ、格納庫側面、第三艦橋、煙突ミサイル、パルスレーザー砲と、艦体各所に可動ギミックを採用するほか、ブラックタイガーやコスモタイガーIIなど付属の艦載機を格納庫へ収納したり、船尾カタパルトへ搭載可能。劇中のさまざまな場面を再現できます。初回特典として、ヤマトを窮地に追い込んだ“ドリルミサイル”が付属し、波動砲に差し込んで突入シーンを再現することも可能。価格は2万3100円(税込み)です。2011年2月上旬には、『超合金魂 GX-58 地球防衛軍旗艦アンドロメダ』の発売も予定しています。こちらは2万6520円(税込み)です。

1/500スケール 宇宙戦艦ヤマト
『1/500スケール 宇宙戦艦ヤマト』は、初代テレビアニメの設定を再検証し、2010年版の理想の造形を全長530mmで再現したプラモデル。組み立てに接着剤は不要で、色塗りも必要ありません。

主砲を旋回させると、方針がさみだれ式に上下可動する『主砲連動アクション』を搭載。艦首部分は、通常の金型では再現できない複雑な形状を1パーツで成形できる『3方向スライド金型』により、美しい造形で再現しています。艦橋や波動砲内部などにはクリアパーツを採用し、本物の質感を再現。艦載機のコスモゼロ、ブラックタイガー、コスモタイガーIIが2機ずつ付属します。価格は7140円(税込み)です。


■関連記事
実物の宇宙戦艦ヤマトがヤフオクに出品された!? どんどん価格が高騰中!
劇場版新作の公開を記念したプラモデル『1/350 宇宙戦艦ヤマト 空間磁力メッキVer.』
地球防衛軍公認! 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』オリジナル“乗艦証”を作れるアプリ
【全日本模型ホビーショー】『アイマス』戦闘機から『エヴァ』のエントリープラグお箸まで! ゲーム・アニメ系の新製品をまとめてチェック
バンダイ『魂シリーズ』の夏祭り! 『魂フェスティバル2010』