出版各社が電子書籍の本格参入に乗り出すなか、新聞にこんな一文が掲載されました。

 「宝島社は、電子書籍に反対です。」
 
 これは、緊急出版と銘打って今月13日に発売された、別冊宝島『電子書籍の正体』の広告のキャッチコピー。本書には、直木賞作家・宮部みゆきのインタビュー「私が電子書籍に積極的になれない理由」や特集「電子書籍が儲からない6つの理由」などという見出しが並んでいます。
 
 出版不況と言われる昨今にも関わらず、好調な業績を記録し続ける宝島社。今年は「電子たばこ」や「美顔ローラー」がついた新しいスタイルの本がヒットし、それぞれ、210万部、160万部のベストセラーに。先月は女性ファッション誌を2誌創刊しています。

 そんな宝島社が、電子書籍に対しては「NO」と宣言。しかも本書の発売は、出版各社が参加した「電子書籍・コミックサミット in 秋葉原」の開催中でした。これは次々に電子書籍に参入する他社との違いを明確に表した結果と言えそうです。宝島社は今後もこの立場を維持していくのか、これからの展開に注目です。




『電子書籍の正体』
 著者:
 出版社:宝島社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「涼宮ハルヒの果汁」に続き「長門有希の珈琲」―ポッカから発売』(2010年11月10日05:08)
ニッポンが抱える意外なムショ事情!〜『名もなき受刑者たちへ』(2010年11月9日14:12)
『紀伊国屋書店、紙の本と電子書籍を販売するサイトを年内にスタート』(2010年11月9日12:44)


■配信元
WEB本の雑誌