3Dの次へ?4Dコレクション ラルフローレンが開催

写真拡大

 サングラスやショーなど、ファッション業界でも話題の尽きない3Dだが、11月10日、「Ralph Lauren(ラルフ・ローレン)」が、3Dを上回る業界初の4Dコレクションをニューヨークとロンドンのフラッグシップストアで上映した。
4Dコレクションは、初のウィメンズフラッグシップストアの誕生とRalph Lauren.com10周年を記念したもの。現在この映像はRalph Lauren.com内で見ることができる。


【写真をもっと見る】

 「Ralph Lauren」初のウィメンズのオンリーショップは、ニューヨーク・マディソンアヴェニューにオープン。22,000スクエアフィートを誇る店内にはブラックレーベルやブルーレーベルなどすべてのウィメンズコレクションレーベルがラインナップ。これに加え、ホームコレクションを取り揃え「Ralph Lauren」の世界観を最大限に表現している。

 新たに誕生したニューヨーク店とロンドン店の外観をスクリーンとして上映されたのが、前代未聞の4Dコレクション映像。アートとファッション、音楽、フレグランスを調和した4D映像は、わずか15シーン約10分間のプレゼンテーションながらも観衆を今までに見たことない「Ralph Lauren」の世界へと引き込んだ。最新コレクションを纏いキャットウォークするモデル、マディソンアヴェニューやニューボンドストリートを進んでいくポロ・プレイヤー達、ブランドを象徴するリッキーバッグやタイ、新しいビッグポニーフレグランスと全て等身大よりも遥かに大きなモンタージュとして体感する事が出来る。フレグランスのシーンでは、ミストが降り注がれ、観衆の嗅覚と感覚を楽しませる演出も登場した。

■Ralph Lauren
URL:http://4D.RalphLauren.com/?&ab=int_110910_HP_LIGHTSHOW_SEENOW