北朝鮮の国営通信社、朝鮮中央通信は17日付で、金正日総書記が平安北道(ピョンアン・プクド)昌城郡(チャンソン・グン)の工場を視察し、「地方の工業で、新たな革命を進める必要がある」などと述べた。視察の日時は明らかにされていない。中国新聞社が報じた。

 金総書記は、「朝鮮労働党は、中央と地方の工業を同時に発展させる政策だ。現状では、地方工業に、新たな革命を進める必要がある」と述べた。特に、市や郡(県)が、都市や農村との間で政治、経済、文化など各分野で密接に提携する必要があると主張した。(編集担当:如月隼人)



■最新記事
北朝鮮:賄賂で脱北を見逃した幹部15人を逮捕、金正恩氏主導か
北朝鮮が韓国風の服装・化粧・髪型を禁止…「諸悪の根源」
北朝鮮:米50万トン・肥料30万トンの援助要求…韓国側拒否
北朝鮮副外相「核武装の強化もありえる。非は米国にあり」
北朝鮮高官「世界的な加工貿易特区を建設する」…中ロ国境地帯