17日、韓国のアイドルグループ・スーパージュニアの中国人メンバー・ハンギョンが出演するCMについて、韓国のネットユーザーから非難の声があがっている。写真はハンギョン。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47135">

写真拡大

2010年11月17日、韓国のアイドルグループ・スーパージュニア(Super Junior)の中国人メンバー・ハンギョン(韓庚)が出演するCMについて、韓国のネットユーザーから非難の声があがっている。国際在線が伝えた。

スーパージュニア唯一の中国人メンバー、ハンギョンは昨年12月、契約内容の不公正を理由に所属事務所・SMエンターテインメントとの専属契約を停止する仮処分を裁判所に申し立て。このため現在はグループ活動を休止しており、中国や台湾メディアではすでに「脱退」として伝えている。

【その他の写真】

韓国のネットユーザーが問題にしているのは、そのハンギョンが出演中のオンラインゲームCM。このCMは9月より中国で放映されているもの。歌手を目指すフリーターのハンギョンがお店の中を清掃中、女性店長が登場してハンギョンの仕事ぶりを罵倒する。韓国語で「やる気がないなら出て行って!」とまくしたて、その後、ゲームのキャラクターに変身したハンギョンが店長をノックアウトするという内容だ。

このCMについて韓国のネットユーザーからは、「嫌韓」ぶりもはなはだしいと不満の声が続出。「韓国を利用してスターになったくせに、その韓国をけなす気か」「裁判では『奴隷待遇』に同情してたのに、こんな形で裏切るのか」と、非難の声が高まっている。(翻訳・編集/Mathilda)

【関連記事】
スーパージュニア脱退ハンギョンが俳優スタート、「大武生」で映画デビュー―中国
「脱退」ハンギョンへの思い激白、スーパージュニア仲間が復帰に期待―中国
スーパージュニア“脱退”のハンギョン、韓国デビューは「家計を支えるため」―中国
スーパージュニアのハンギョンが初ソロライブ、中国での活動に「悪夢」―北京市
スーパージュニア“離脱”のハンギョン、SM社に巨額解約金を支払い?―台湾メディア