ナビメニュー画面(C)石森プロ・東映

写真拡大 (全6枚)

 かものはしやは、仮面ライダーとのコラボで遊び心のあふれるポータブルナビ「ヒーロー・ナビ 仮面ライダー」を発表。11月27日から出荷を開始する。価格は41,790円。

 同製品は、2011年に生誕40周年を迎える仮面ライダーとコラボレーションしたポータブルナビ。メニュー画面やナビゲーション画面など随所に、仮面ライダー1号のアイコン・映像・効果音が登場する。

 ルート案内の音声は、仮面ライダー1号の本郷猛役を務めた俳優の藤岡弘氏が担当。仮面ライダー1号が自車アイコンとなり、これから先の走行ルートを藤岡弘氏が自分に向かってつぶやき(独り言)案内する。そのため、ドライバーはあたかも自分が仮面ライダー1号になったかのような気分を楽しめるという。

 ルート案内時に流れる音楽として、仮面ライダーの名曲のなかから5曲を採用。ルート案内のモードは3種類で、純粋にナビとして使用する通常モードのほか、「怪人を追う(出発)→変身(走行速度により)→対決(目的地到着)」という物語仕立ての「ストリートモード」を用意。目的地に到着すると、怪人と戦うライダーの勇姿が映像で流れる。さらに、目的地として「自宅」を選択した際には、エンディングテーマやセリフなど帰り道ならではの「帰路モード」を楽しめる。

 ナビ本体のおもな仕様として、4GBのフラッシュメモリを内蔵するほか外部メモリとしてmicroSDカードに対応。動画/写真/音楽の再生も可能。地図データは全国版2010年マップデータ(住友電気工業製)、CPUはサムスン製のS3C2416(400MHz)、OSは小型機器用の組み込み用のWindows CE 5.0、液晶ディスプレイは3.5型(解像度320×240ピクセル)でタッチパネルを採用する。

 シガーソケットからの給電のほか、内蔵バッテリとしてリチウムイオン充電池を搭載し、バッテリの連続駆動時間は最大約2時間。本体サイズは幅96×高さ72×奥行き16mm、重さは125g。付属品は車載スタンド/ホールド用台座/スタンドカップ/シガーケーブル/USBケーブル/ACアダプタ/スタイラスペンなど。さらにライダーのタイフーン型本体ケースを付属しており、車載時に同ケースを取り付けて利用することで仮面ライダー気分が盛り上がる。

■関連ニュース
ハンファ・ジャパン、1万円を切る3.5型タッチパネル液晶ポータブルナビ
パイオニア、通信で最新の地図情報を毎月更新できるPND「エアーナビ」
パナソニック、旅の友に最適なカメラ搭載のポータブルナビ「旅ナビ」を発売