【新華網平壌11月17日】北朝鮮の朝鮮中央通信社は17日、「金正日(キム・ジョンイル)総書記が鴨緑江に近い平安北道の北部に位置する昌城郡の工場を視察し、地方製造業を大きく発展させて消費財の生産を増やすよう要求した」と伝えた。

 朝鮮中央通信社は「朝鮮労働党は中央と地方の製造業を同時に発展させる政策を採る。今必要なのは地方製造業の新たな革命だ。市と郡(県)の機能を強化し、都市と農村の政治、経済、文化における関係を増強しなければならない」という金総書記の言葉を伝えたが、視察の時期は明らかにしていない。

(編集翻訳 松尾亜美)

 



■関連記事
中国出張のコンシェルジュ!お得なチケット代はそのまま、3つの特典で中国出張をサポート!
日常会話〜ビジネス会話まで「1日5分の音声付きワンフレーズ中国会話」を 540パターン公開中!
接待などで使える中華料理店は新華プレミアダイニングで!料理、お酒ともに有名店の特別メニューあり!
新華社の業界別産業・経済情報を日本語で配信!貴社の中国ビジネスを強力にバックアップ!