菅総理がブログをオープン! でもパスワードが必要の謎

写真拡大

菅総理のブログが開設されたけど、行ってみたらパスワードを要求されて読めないぞ! と話題になっています。ブログは公開しないと意味ないですよー。まさかパスワードを知っている人しか読めないブログというわけではないですよね?

民主党の鳩山総理からスタートした総理ブログ。無難なことしか書いてないのでそんなに刺激はないけど、総理の近況や興味の方向性を知るには役に立つサイトでした。ちなみに鳩山総理時代のブログタイトルは「鳩カフェ」で、リアル鳩カフェというお茶会も開催していたようです。マイペースな雰囲気がブログにもにじみ出ており「人柄はいいんだろうな〜」と親しみがわいてしまう内容。

そして今回の菅総理のブログはそれの菅さんバージョンで、タイトルは「カンフルブログ」だそうです。ちなみに「日本を元気にする”カンフル剤”」という意味と「菅総理がフル回転で働きます」「首相がいっぱい」などという意味をかけているそうです。2ちゃんでは「自分に”カンフル剤”打ったほうがいいのでは」という書き込みもありました。

さてこのブログの話題、17日の20時頃から報じられはじめましたが、「パスワードを求められる」といった声がちらほら。「またまたぁ、冗談でしょう」と実際にのぞいてみると、たしかにパスワードが要求されてしまいます。パスワード入力と言われてもパスワードなんて知らんのでどうしていいかわかりません。しょうがないので「キャンセル」ボタンをクリックすると「認証が必要です」と怒られてしまいました。まだ準備が整っていないということなのでしょうか? 報道とタイミングがずれちゃった? 現時点では原因不明です。(11月18日17時半、内閣府電話したところ「今日中に公開するべく作業中です。まだ内容はアップされていない状態です。」とのことでした。果たして18日にオープンできるのか!?ドキドキ)

「カンフルブログ」(菅総理ブログ / 認証が必要です)
http://kanfullblog.kantei.go.jp/

認証が必要なのです

首相のネットを使った広報は、村山総理の時代に官邸ホームページがオープンし、話題となった小泉総理のメルマガでは発信内容が大幅に充実しました。自民党政権では脈々とそのメルマガ読者が受け継がれていたのですが、何故か民主党政権でメルマガ読者はリセット。別に政権を担当する政党が代わっても読者はそのままでいいんじゃないかと思うのですが、そこは何かこだわりがあったのでしょうか。

政権交代後、民主党の鳩山総理はメルマガとあわせて、ブログも開設。ツイッターも開始。その後菅総理になってからは動きがとまっていたのですが、今回やっとメルマガ・ブログ・動画での情報公開を始めるとの広報がなされたとのこと。ツイッターは、やらないそうです。

さて、菅総理のサイトですが実際「カンフルTV」と称される動画のページは現在閲覧できAPECの成果について語っておられます。ちなみに今回からメルマガはブログの更新情報を伝える役割になるとのこと。小泉総理の時代はメルマガが中心だったのですが、今回メルマガからブログへ重みがシフトしたように感じます。以前内閣府に呼ばれて総理メルマガの編集の中の人にもっと国民の皆さんとの密なやりとりができる新しいやり方はないかといわれ「ウェブ日記とかブログとかいいんじゃないですか」と言ってみたんですが、そのときはコメント監視・承認にコストがかかってしまうので大変だねぇ、というところで話が止まってしまってました。菅総理ブログではコメント欄どうなってるんでしょうか。ちなみに鳩山総理のブログではコメント欄はカットされていてソーシャルブックマークのアイコンが数個並んでるだけでした。総理官邸のネットを使った情報公開の様子を歴代総理ごとにまとめてみるとこんな感じになります。

●歴代総理ネットメディア活用の流れ
村山富市 官邸ホームページ(HP)開設
橋本龍太郎 HP+自薦写真集
小渕恵三 HP+海外訪問ビデオ
森 喜朗 HP+ビデオ
小泉純一郎 HP+ビデオ+ラジオ+メルマガ
安倍晋三 HP+ビデオ+メルマガ
福田康夫 HP+ビデオ+メルマガ
麻生太郎 HP+ビデオ+メルマガ
鳩山由紀夫 HP+ビデオ+メルマガ+ブログ+ツイッター
菅直人 HP+ビデオ+メルマガ+ブログ

こうやってみてみると、確かに情報発信の幅は広がってきているようです。
それにしても、はやく菅総理のブログを読んでみたいですね。

■関連記事
【連載”シェア”】所有と消費が美しい、という時代は終わったのか?『ブックシェアカフェ』菅谷洋一氏インタビュー
「これは、君の本じゃないから」と出版社の人に言われたんです
「セグウェイで旅ができる日は来るんですか?」原英史さんにきく道路の規制たち
【連載”シェア”】節約だけじゃない。”シェア”が生み出す新しい消費と楽しみ方 『ブックシェアカフェ』菅谷洋一氏インタビュー
【連載”シェア”】あなたは電子書籍で”懐かしさ”を感じることができますか? 『ブックシェアカフェ』菅谷洋一氏インタビュー