角川書店と大日本印刷は、11月末から刊行する「内田康夫ベストセレクション」の全巻申込特典として、小説の登場人物の名前を、自分の名前など申込者が希望する名前に変更できるキャンペーンを実施する。有名作家による小説を、個別にカスタマイズして販売する試みは国内初。

 今回の試みは、オンデマンド印刷(POD)を利用することで可能になった。PODとは、注文に応じて必要な部数の印刷を出版物のデジタルデータから直接行う印刷方式のこと。製版や刷版などの工程を必要とするため、小部数への対応が難しかった従来の方式に比べ、PODは1〜500冊程度の小部数やオーダーメイドに適しており、読者のニーズに細かく対応したサービスの提供を可能にする。

 キャンペーンへの申し込みは、書店店頭またはネット書店『Web KADOKAWA』にて2011年1月末まで受け付ける。名前を変更できるのは、セレクション未収録の『地下鉄の鏡』『名探偵は居候』(未書籍化作品)のいずれか1作品。また、この作品は全巻申込者へ無料でプレゼントされる。

 角川書店と大日本印刷では、今後もPODを活用した企画を積極的に推進していくとのこと。







■ 関連記事
『「涼宮ハルヒの果汁」に続き「長門有希の珈琲」―ポッカから発売』(2010年11月10日05:08)
ニッポンが抱える意外なムショ事情!〜『名もなき受刑者たちへ』(2010年11月9日14:12)
『紀伊国屋書店、紙の本と電子書籍を販売するサイトを年内にスタート』(2010年11月9日12:44)


■配信元
WEB本の雑誌