シャープ製スマートフォンは『GALAPAGOS』のコンテンツ配信サービスに接続へ スマートフォン事業説明会を開催

写真拡大




シャープは11月15日にスマートフォン事業説明会を開催。同社のスマートフォン分野での取り組みについて、情報通信事業統括の大畠昌巳氏がプレゼンテーションを行いました。同社は12月に電子ブック配信サービスと専用端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』を提供することを発表していますが、来春には『GALAPAGOS』とスマートフォンが接続し、コンテンツ配信サービスを提供することが明らかになりました。

大畠氏によると、『GALAPAGOS』とはあらゆる端末から接続してサービスを受けられる、シャープのユビキタス戦略の名称とのこと。第1弾として発表した電子ブック配信サービスと専用端末が『GALAPAGOS』で、ソフトバンクモバイルから12月に発売されるAndroidスマートフォンも『GALAPAGOS』。同社のコンテンツ配信サービスと、それに接続する端末すべてが総称『GALAPAGOS』ということになるようです。

同社は冬から春にかけて、au向けに『IS03』と『IS05』、ソフトバンク向けに『GALAPAGOS SoftBank 003SH』と『GALAPAGOS SoftBank 005SH』、ドコモ向けに『LYNX 3D SH-03C』と、合計5機種のAndroidスマートフォンを提供します。これらすべては来春に『GALAPAGOS』に接続し、コンテンツの購入と視聴が可能になる予定。

提供されるコンテンツは、新聞や本・雑誌、コミックなどの電子書籍だけでなく、ムービー、音楽、ゲームといったエンターテインメント系コンテンツも含まれます。3Dディスプレーを搭載する『GALAPAGOS SoftBank 003SH』と『GALAPAGOS SoftBank 005SH』『LYNX 3D SH-03C』向けには、3Dゲームや3Dムービーの提供も予定されているとのこと。

これに合わせて、同社は11月15日からスマートフォン向けポータルサイト『SH! SH! SH!』を『GALAPAGOS SQUARE』と改称してリニューアル。12月1日には、同サイトで3D画像や動画のコンテスト『スマートフォン 3Dコンテスト』を開催すると発表しました。入賞者にはブルーレイ内蔵テレビやブルレイレコーダー、電子辞書などの賞品を用意しているとのこと。3Dゲームのコンテスト開催も検討しているそうです。

今後はエンターテインメントコンテンツだけでなく、eコマースや医療、BtoB、教育といったコンテンツにも『GALAPAGOS』を対応させていくとのことで、コンテンツを軸にしたユーザーの囲い込みを狙っている模様。今のところ大まかな概要しか見えてきませんが、シャープがAndroid端末とコンテンツサービスにかける意気込みは感じられます。

『GALAPAGOS』の名称の由来として「常に新鮮なユーザー体験をもたらすサービスと端末の“進化”の象徴として、イギリスの地質学者・生物学者のチャールズ・ダーウィン(1809-1882)の“進化論”で有名なガラパゴス諸島に由来」と発表されていますが、通信キャリアの戦略とは別にメーカー主体で進めていく独自路線で、シャープは“進化の楽園”を築くことができるのでしょうか。

■関連記事
シャープの電子ブック配信サービスが12月スタート 専用タブレット端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』も同時に発売へ
【CEATEC JAPAN 2010】注目のAndroid電子ブック端末『GALAPAGOS』をシャープが出展
ソフトバンクが3D撮影と裸眼立体視が可能なAndroidスマートフォン『GALAPAGOS』を発表
ドコモの2010〜2011年冬春モデル発表 Androidスマートフォンは『LYNX 3D SH-03C』『REGZA Phone T-01C』『Optimus chat L-04C』の3機種
CMにレディー・ガガを起用して大攻勢! KDDIが『Android au』の新スマートフォン『IS04』『IS05』『IS06』を一挙発表