これが本物のりんごジュースだ! 『味わい密閉 青森りんご100』を飲んでみた

写真拡大

JR東日本ウォータービジネスが11月16日から発売するエキナカ専用地産果汁飲料『味わい密閉 青森りんご100』。ガジェット通信編集部は発売より一足早く商品を手に入れることができたので、早速試飲レビューしたいと思います。

『味わい密閉 青森りんご100』『味わい密閉 青森りんご100』は、エキナカ専用地産果汁飲料の第5弾として開発された商品。12月4日の東北新幹線新青森駅開業を間近に控えて、青森県農村工業農業協同組合連合会と共同企画した林檎ジュースです。地産果汁飲料としては初の100%ストレートジュースで、『密閉搾り』という、酸化防止剤を使用せずにりんごの美味しさを最大限に引き出す特殊製法を用いており、青森県産のりんごがぎっしりと詰まっています。

コップに注いでみました見た目は普通の林檎ジュース……と思いきや! ジュースの中に果肉が浮かんでいます。青森県産の本物のりんごを使っているわけですね。早速飲んでみます。……美味しい! 甘すぎず酸っぱすぎず、りんごの一番美味しい味が濃縮されています。かといってどろり濃厚すぎる訳ではなく、後味はスッキリ。もう1口、もう1口と飲んでいる間になくなってしまいました。

ガジェット通信編集部スタッフの感想はこんな感じでした。
「本当にりんごの味がする」
「農家で作る自家製のりんごジュースみたい」
「これは……りんご汁だ、おいしい」
「りんごの甘みが味わえる」
「もう1本ちょうだい」
「長野県民の僕が言うんだから間違いない。美味しい」

かなり大好評な『味わい密閉 青森りんご100』。内容量は280mlで値段は150円です。11月16日から東京近郊のJR東日本エキナカで販売されています。通勤・通学時やちょっと喉が渇いたときにオススメです。ただし、このジュースを一度飲んだらもう他のりんごジュースは飲めなくなるかも!? 

■関連記事
お酒のおつまみにピッタリ! 新発売の『ハーベスト ウェルメイド・4種のチーズ』を食べてみた
コーラ&メントスのお風呂に入る男「お〜っ! 痛い痛い痛いっ!」
「この家貧乏!」と思うときってどんなとき? 「カルピスが薄い」「冷蔵庫にシールだらけ」「でも、何故か楽しそう」
台湾で人気?“グリーンアスパラガスのジュース”を飲んでみた
自動販売機のボタンに隠しコマンド! 120円でジュースを2本取り出せる?