バレーボール女子世界選手権の3位決定戦。日本は32年ぶりのメダル獲得をかけてアメリカと対戦し、フルセットの末に3−2でアメリカを下した。

   1960年以来6大会で銀、金、金、銀、金、銀に輝いたが、82年大会以降はメダルから遠ざかっていた。

   一夜明けて今朝(2010年11月15日)、眞鍋政義監督と14人のメンバーが「朝ズバッ!」に生出演した。

女子バレー32年ぶりメダル

   コートとは勝手が違い、かなり緊張気味の選手にコメンテーターのおじさんたちから熱い思いがぶつけられた。


   司会のみのもんた「32年ぶりって、ずいぶん長い間でしたね。重圧じゃなかったですか」

   眞鍋監督「日本での開催ですからね、選手は一番プレッシャーがあったでしょう」

   とくに、けがで6月からやっと練習を始めたという栗原恵のプレッシャーは想像以上のものがあったようだ。

   その栗原を名指ししたのが、外交ジャーナリストの手嶋龍一。

「ボクはオバマ大統領に会ってもあまり感激しない人間なんですが、今回放送に出て、いいことが初めてありました。栗原さんに会えたから」

   これにはスタジオは爆笑。

   得点ランキング2位の208得点を挙げた木村沙織には、国際金融アナリストの末吉竹二郎が「ジャンプした際の躍動感ってすごい。きれいですよね〜」

   さらにTBS解説室長の杉尾秀哉が江幡幸子に照れながら決め台詞を放つ。

「私は江幡さんのファンなんです。コートだとすごく高く見えるけど、実物はそんな高くないですね。とても可愛いんで、私は本当に見入ってしまいました」

   他国チームの高さとパワーに対し、粘りと工夫で勝ち取った銅メダル。12年のロンドン五輪には何色のメダルが期待できるか。

モンブラン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!