専門学校桑沢デザイン研究所と東京造形大学を運営する、学校法人桑沢学園(小田一幸理事長)では、創設者である故・桑澤洋子氏の生誕100年を記念して、幅広い分野で活躍する両校のOB、OGの中から、日本のデザイン界、アート界を代表するクリエイター約100名の作品300点を集めた初の回顧展「桑沢デザイン研究所+東京造形大学 SO+ZO展 未来をひらく造形の過去と現在1960s→」を、東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムと、桑沢デザイン研究所の二カ所で、11月13日(土)〜28日(日)に開催している(主催:桑沢学園、産経新聞社)。

第一会場のBunkamuraザ・ミュージアムでは、「人間主義のデザインの過去と現在、Design, Art of Living 1960s-2000s」をテーマに、桑澤洋子氏の服飾デザインや教材類など歴史的な資料、倉俣史朗「ミス・ブランチ」(チェア)、梅田正徳「花座シリーズ」(チェア)、植田いつ子「ドレープドレス」、高梨豊「東京人」(写真)、舟越桂「Portait of My Wife (妻の肖像)」(彫刻)、浅葉克己「おいしい生活」(ポスター)、中野恵美子「連なる」「遺跡」(タペストリー)、吉岡徳仁「Honey-pop」(チェア)など、日本をリードして来た先端表現を時代ごとにまとめて展示、それぞれの時代におけるデザインの意味や位置づけの変化を、社会との関係により跡付けしている。
また、第二会場の桑沢デザイン研究所1階ホールのテーマは、「コラボレーション、デザインとアートの未来系」。内田繁「受庵 想庵 行庵」(茶室)、大橋晃朗「ハンナン・チェア」、棚田康司「衛る少女fortress」「結ぶ少女girl trying」(彫刻)などを展示。アートとデザインの共生、あるいはコラボ的共存は可能か、各ジャンルのデザインを相互に関係付けながら、表現の未来的な可能性を探っている。
入場料は一般800円、大学生・専門学校生500円、高校生以下無料。