【斉藤アナスイの本棚】まさかの◯◯オチで終わったマンガたち

写真拡大

マンガに関する原稿を書き始めてから約1ヶ月。ここのところマンガ喫茶に通い詰めているためか、一昨日「自分のあだ名が『つの丸』になる」という夢をみました。そんなわけで「斉藤アナスイの本棚」、本日もよろしくお願いいたします。

さて、「夢オチ」「死にオチ」と続いた「まさかの○○オチで終わったマンガたち」シリーズも今回で3回目。今回は括りをなくし、独自のすごい終わり方をしたマンガを紹介したいと思います。

斬新な「年表オチ」
-『武士沢レシーブ』うすた京介(少年ジャンプ)
『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』で一躍有名になり、期待を背負って連載開始した『武士沢レシーブ』。しかし、本作は早々と連載を終了してしまいました(全2巻)。僕個人としては、好きだったんですけどねぇ。

その終わり方は「年表オチ」というもの。明らかに打ち切りってわかる最終回って、ほとんど「…ふぇ」って感じになるものなんですが、この終わり方には笑わされました。さすがうすた先生だな、と。最終回では登場人物も「モタモタしてたらページおさまんないよ〜!」「こうなったらナレーションとか入れて省略していくしか手はないぞっ!」などと言い出す始末。素敵です。ご丁寧に「覚え方」までついてるし。

この後の『ピューと吹く!ジャガー』では、しっかり人気も獲得。うすた先生の実力を改めて示してくれました。ちなみに僕はマサルさんよりジャガー派です。ジャガーのほうが、どこか安心します。

何があった「プリンセス・ハ・オチ」
-『シャーマンキング』武井宏之(少年ジャンプ)
「プリンセス・ハオ」と聞くと、呼吸が乱れるというマンガ好きもいるのではないでしょうか。アニメ化もされた『シャーマンキング』、通称『マンキン』も、後世に語り継がれるすごい終わり方をしたマンガです。

ハオは、男だったんです。ハオはマンガのラスボスで、確かに男だった。でも最終回で主人公・葉が「寝るぞーっ!!!」って言って寝たら、なんか突然ハオが女になって(プリンセス・ハオ)、それでマンガが終わって…。いや、僕マンキン全巻持ってるんです。でも何回読み返しても意味がよく…あれ、僕、動揺してる…?

最後の大コマには、主要な登場人物のほかに「みかん」のイラストが。なるほど「未完」とかけているわけですね。みかんって美味しいですよね。

終わりません「終わらないオチ」
-『男坂』『SILENT KNIGHT翔』車田正美(少年ジャンプ)
『リングにかけろ』が大ヒット。一躍人気マンガ家の仲間入りを果たした車田先生が「この作品を描くために漫画屋になった」と自信を持って送り込んだのが『男坂』という作品でした。しかし読者層と合わなかったのか、あえなく3ヶ月ほどで打ち切りが決定。仕方ないとは言え、伏線も回収できない不本意な終わり方に…。最後のページには、力強く、そして大きな「未完」の文字。車田先生の無念がヒシヒシと伝わる、そんな終わり方でした。

しかし、そこは巨匠と呼ばれる車田先生。次の作品『聖闘士星矢』で見事カムバック。再び、人気マンガ家の一人に名を連ねます。そして満を持して連載を開始したのが『SILENT KNIGHT翔』。謎の組織ネオ・ソサエティと特殊能力を持った神人類・翔が戦う!といういかにも壮大な物語…ですが、これまたあえなく3ヶ月ほどで打ち切りが決定。またしても伏線を回収できず、最後のページには大きく「NEVER END」の文字。終わらないェ…。


今回紹介させていただいたマンガ家さんは、3人とも実績がある方ばかり。それでも打ち切りになってしまうとは、やはり厳しい世界なのですね。ちなみに紹介作品が全部少年ジャンプなのはたまたまです。『P2!』を打ち切りにした恨みとかでは、ございません。

(テキスト&イラスト 斉藤アナスイ)






■関連記事
人気声優・アーティストが登場!アニソンライヴイベント『DK Anime ComplexFes 2011』
iPad向けアプリ「アニメロイド『涼宮ハルヒのBook☆Walkerナビ』」
ロッテリア『しょうゆマヨチキンバーガー』
2011年東レ水着キャンペーンガールは17歳の『西田 有沙』さん
高垣彩陽さんが歌う『伝説の勇者の伝説』のEDテーマ『光のフィルメント』