あなたの言葉が世の中を明るくする 『VAIO ASSIST TORCH PROJECT』第2弾“光と音のバーチャルトーチ”

写真拡大

ソニーが発売しているパソコン『VAIO』を身近に感じてもらうために始まった『VAIO ASSIST TORCH PROJECT』。第1弾では、『Twitter』を通し世界中から“世の中を明るくする言葉(アシスト)”を集め、サイト内の世界地図に光のバーチャルトーチを表示しました。11月10日から始まった第2弾では、「つぶやいた言葉が、光と音に変換される」らしい。ということで、実際に『VAIO ASSIST TORCH PROJECT』のサイトで試してみることにしました。

音を奏でてくれました『VAIO ASSIST TORCH PROJECT』第2弾“光と音のバーチャルトーチ”は、言葉(アシスト)をサイト上で入力すると、言葉が音に変換され、『Twitter』を通して投稿・参加できるようになります。入力された言葉は、“VAIO起動メロディ”の生成ロジックを元にしたプログラムで“音”へと変わります。さらにツイートが光の粒となってサイト上のバーチャルトーチの一部となるそうです。アシストが集まれば集まるほど、バーチャルトーチは高くなっていきます。

トーチは189cmですまずは特設サイトで『Twitter』にログインします。その後、“世の中を明るくする言葉(アシスト)”を入力します。使えるのはひらがな・カタカナ・英数字のみだったので『ガジェットつうしん』と入力。すると、プッシュホンの音声信号形式を元に変換した音色を生成して奏でてくれました。また、楽器を変えて遊ぶこともできます。楽器は、ピアノ、ギター、エレクトリックピアノ、ヴァイオリンなど全部で9種類。ちなみに記者が投稿した時点で、トーチは189cmでした。まだまだこれから伸びそうですね。11月25日からの第3弾では、銭湯の煙突を光のトーチとして表現。現実の世界でも音と光を届けるそうです。VAIOが好きな方もそうでない方も、世の中を明るくする言葉を紡いでみては如何でしょうか。

VAIO ASSIST TORCH PROJECT( http://www.sony.jp/vaio/special/assist/ )

■関連記事
『iPhone 4』のカメラに魚眼や望遠レンズを! 撮影補助レンズキット『PIP-CK4』シリーズ発売へ
この冬に欲しい手袋! 『iPhone』などのタッチパネルに対応した『iTouch Gloves』
NTTドコモのスマートフォン『Xperia』のAndroid 2.1へのアップデートは11月10日に
大容量バッテリーとヘッドホンアンプ一体型で『iPhone』にパワーをブーストする『Zingo』
CMにレディー・ガガを起用して大攻勢! KDDIが『Android au』の新スマートフォン『IS04』『IS05』『IS06』を一挙発表