お帰りなさい『はやぶさ』 NECの展示会『C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2010』に帰還カプセルが展示中

写真拡大




NECが11月11日と12日に東京国際フォーラムで開催しているセミナーと展示会『C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2010』の展示会場で、6月13日に地球へ帰還した小惑星探査機『はやぶさ』の帰還カプセルが特別展示されています。

※写真が一部しか表示されない場合はこちら(http://getnews.jp/archives/84279)をご覧ください

NECは、『はやぶさ』のトータルシステムの開発、製造、試験および運用に携わっており、会場のブースではNECの役割と技術についての映像プレゼンテーションを見ることができます。帰還カプセルの特別展示は、会場で配布される整理券を受け取った来場者のみ見ることができるので、12日に会場へ足を運ぶ方はまず整理券を受け取りましょう。12日の展示は10時、12時15分、14時15分、16時の4回となっています。

残念ながら撮影できたのはこのアングル。ガラスケースの中に帰還カプセルが
取材ということで特別に見せていただきましたが、一般来場者は撮影禁止。取材での撮影も、展示品から離れた撮影場所からのみ、撮影が許可されました。衛星部品は技術の塊であるため、このように撮影を制限しているとのこと。雰囲気は伝わるでしょうか……。

警備員もいる厳重な体制で展示
展示品は搭載電子機器部、インスツルメントモジュール、パラシュート、背面ヒートシールド、前面ヒートシールド、エンジニアリングモデルの5点。ガラスケースに保管され、警備員もいる厳重な体制で展示されています。

JAXA川口教授のサイン入りパネル
ブースには『はやぶさ』の1/2モデルと小惑星イトカワの1/1000スケールのモデルが出展され、来場者はだれでも見ることができます。『はやぶさ』プロジェクトマネージャーである川口淳一郎教授のサインが書かれたパネルも。人気の展示なので、特別展示を見たい方はお早めに。

※写真が一部しか表示されない場合はこちら(http://getnews.jp/archives/84279)をご覧ください

■関連記事
NECビッグローブがNEC製『LifeTouch』がベースの7インチAndroidタブレットを一般向けに発売へ
『きぼう』の価値と馬鹿を諌められない組織
はやぶさ帰還ニコ生中継・観測編
はやぶさ帰還ニコ生中継・準備編
見たぞ、はやぶさの凱旋(がいせん)