【NANIOの閑話休題】ツイッターで話題沸騰! ネパール料理店『だいすき日本』

写真拡大


せちがらい日本にスパイシーな「だいすき」旋風! 近頃、穏やかでない話ばかりが耳に入ってきますよね。尖閣諸島沖の中国漁船衝突ビデオ流出騒動や、その影に隠れてしまった感のある警視庁の国際テロ関連内部資料の流出とか、忘れちゃいけないメドべージェフ大統領の北方領土訪問の件など、なんだかんだ etc、etc…。日本はいま、内外からナメられ、狙われてるけれど大丈夫?…と疑心暗鬼にもなります。
 しかし、そんなうつむきがちな日本を、「だいすき!」と言ってはばからないネパール料理店の店主のつぶやきが、今ツイッター上で大盛り上がりを見せています。
東京・板橋のネパール創作料理店。その名は… そのネパール料理店とは、東京都板橋区中板橋にある、ネパール創作ダイニング『だいすき日本』。今年10月にオープンしたばかりの、「日本人の下によく合う」らしい本格ネパールカレーが食べられるというふれこみの飲食店。この小さな飲食店のオーナーシェフ、ビカスさんのメールを、応援者らしき方がいわゆるbot的に転載しているアカウント『@daisuki_vikas』が、尖閣ビデオ流出の勢い顔負けのスピードで、フォロワーを増やしているのです。そのフォロワー数、どんどん増え続けており、今記事を書いている時点(11月10日午前3時)でも、1時間前からすでに1000人増え、32000に到達しようかという勢い(ただし『フォローしている』のは1人のみ、笑)。約一ヶ月でこのフォロワー数、実に破格です。
あまりの「邪念のなさ」に、フォロワー無条件降伏。 そんな『だいすき日本』のビカスさんのツイート(?)は、とにかくほとんどひらがなで、たどたどしい。まるで、名作小説『アルジャーノンに花束を』の、初期と末期のチャーリー・ゴードンを彷彿とさせる、素朴で邪心のない、ブロークンな日本語でのつぶやきなのです。
 その切なるつぶやきに、いま多くの日本人が感動して、こうやって書いている間にも、『だいすき日本』のウワサは、どんどん広がっているのです。そして、お客さんも確実に増えているようです。
 …にもかかわらず、ぜんぜんおごらないビカスさんなのでした。

で かたつけしていておわったら おそくなりましたので きようも しんじゆきから しんや バス のってかえるね あしたも がんはります
(2010年11月10日、午前2時頃の『@daisuki_vikas』のツイート)


 …うう、なんという健気なツイート! ちなみに僕はカレーが大好きなんです。特に本場インドやネパールの「カリー」には目がありません。だからぜひ、機会があったら食べに行きたい…。そう思わせるビカスさんのつぶやき。

▼外部リンク

ネパール創作ダイニング 『だいすき日本』
『だいすき日本』 on ツイッター



■関連記事
【尖閣ビデオ】投稿者にエールが続々。情報伝達のカタチが変わっていく!?
『星を追う子ども』最新情報!!
明治製菓『カール 冬の鶏がらしお味』
けいおん声優・竹達彩奈さんがPSP『モンスターハンター3』を獲り逃がす
とある魔術の禁書目録?のOP曲『No buts!』がオリコンにランクイン