6日、北京の高校生を対象に実施された「日本に対するイメージ」に関するアンケートによると、最も多かった答えは「さくら」と「富士山」だった。「アニメ」も4割に上った。写真は10月1日、広東省広州市で開かれたアニメ・漫画・ゲーム展でコスプレする中国の若者。

写真拡大

2010年11月6日、中国紙・法制日報が北京の高校生約500人を対象に実施した「日本に対するイメージ」に関するアンケートによると、最も多かった答えは「さくら」と「富士山」だった。

調査は北京市内の5つの高校に通う高校生500人にアンケート用紙を配布し、「日本に対するイメージ」について回答してもらった。有効回答数は456、内訳は男子18%、女子82%。それによると、「日本と聞いて最初に連想するもの」で最も多かったのは「さくら」と「富士山」だった。

【その他の写真】

「日中関係の今後」については、「まず日本が歴史を直視し、過ちを認めるべき」が85%、「協力分野をもっと増やすべき」が6%、「中国は強くなってきたので、わざわざ日本と仲良くする必要はない」が6%、「経済文化交流をさらに深めるべき」は3%だった。

このほか、「日本といえばアニメ」と答えた学生が4割に上った。日本アニメは中国でも熱狂的なファンが多く、「小さい頃から周りもみな夢中だった」との声も聞かれた。また、「桜まつり」が日本の国家行事だと思っている人も4割近くに上った。

こうした結果を受け、中国現代国際関係研究院日本研究所の馬俊成(マー・ジュンチョン)副所長は「中国の高校生の中日関係に対する見方は非常に客観的で理知的。2006年以降、日本の首相が靖国神社に参拝しなくなったことも大いに関係している」と分析した。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
【レコチャアンケート】日中首脳会談はいつ実現すると思いますか?
「しんちゃんよ、永遠に」!海賊版で臼井作品に親しんだファンの熱い思い、ネットに続々―中国
「富士山を愛してやまない中国人観光客」が地元で物議、記念に石を持ち帰る人続出で―華字紙
<在日中国人のブログ>驚き!日本アニメが世界を席巻する秘密
<在日中国人のブログ>中国人も「靖国神社の桜」を楽しんでも良い?