パナソニックの携帯電話『LUMIX Phone』がドコモからも発表

写真拡大




NTTドコモが開催した2010年から2011年の冬春モデルとなる新製品の発表会で、11月5日にソフトバンクモバイルから発表された『LUMIX Phone』が『P-03C』としてドコモからも発表されました。12月に発売予定で、2月発売予定のソフトバンクに先行して発売されることになります。

画像処理エンジン『Mobile VenusEngine』を採用し、約1320万画素の高画質カメラを搭載した携帯電話。肌色をきれいに、風景を色鮮やかに表現できるほか、超解像技術を用いたデジタルズームにより、被写体の輪郭まできれいに撮影が可能。レンズにホコリがつきにくく、光の反射を抑えるマルチコートフィルタや高輝度フラッシュを搭載し、逆光や暗い部屋の中でも明るく撮影できます。カメラを向けるだけで撮影シーンを自動で認識し、場面に応じた設定で撮影できる『おまかせiA』を搭載。簡単な操作で場面に合った撮影ができます。

本体にはデジタルカメラを想起させるデザインを採用。撮影しやすいレンズ配置や押しやすく大きなシャッターボタンなど、『LUMIX』譲りの快適な操作性を実現しています。液晶にはタッチパネルを採用し、タッチ操作によるズームやシャッター操作が可能。タッチ操作で写真を共有できる『ピクチャジャンプ』機能を搭載し、メールへの添付、ブログへの投稿、Wi-Fi接続したパソコンへのコピーができます。

本体カラーはBLACK、GOLD、PINK、BLUEの4色をラインアップ
本体カラーはソフトバンク版と異なり、BLACK、GOLD、PINK、BLUEの4色をラインアップ。「本気撮り」に対応するカメラケータイとして、ドコモは今回デジカメ型の『L-03C』と『LUMIX Phone』を発表しました。『L-03C』がガジェットマニアの心をくすぐる一方、『LUMIX Phone』は女性を含む幅広いユーザーから注目を集めそうです。

『P-03C』主な仕様
サイズ:約W52×D116×H17.7(最厚部21)mm
重量:約141g
3G連続待ち受け時間:約520時間
GSM連続待ち受け時間:約220時間
連続通話時間:約210分(3G)、約240分(GSM)
ディスプレー:約3.3インチ 480×854 フルワイドVGA TFT液晶 26万2144色
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
カメラ:顔検出オートフォーカス対応 CMOS 有効画素数約1320万、記録画素数約1300万
カラー:BLACK、GOLD、PINK、BLUE

■関連記事
ドコモの2010〜2011年冬春モデル発表 Androidスマートフォンは『LYNX 3D SH-03C』『REGZA Phone T-01C』『Optimus chat L-04C』の3機種
“通話できるデジカメ” ドコモが携帯電話『L-03C』を発表
パナソニックの携帯電話『LUMIX Phone』はソフトバンクが2月中旬に発売へ ドコモからも発売予定
【CEATEC JAPAN 2010】ドコモから発売? パナソニックの『LUMIX Phone』が参考出展
パナソニックが新携帯電話『LUMIX Phone』の開発を発表