2011年のXi版WiFiルータ登場も宣言した山田社長

写真拡大 (全4枚)

 12月24日からスタートするLTEサービス「Xi(クロッシィ)」について説明したNTTドコモの山田社長は、「まず東京、名古屋、大阪地区からサービスを開始し、2011年中に県庁所在地級都市エリアへ拡大し、2012年中は全国主要都市へ展開する」と説明した。

 端末はデータ通信専用の2機種「L-02C」「F-06C」を用意。12月24日にUSBタイプの「L-02C」を発売し、Xpress Card型の「F-06C」を2011年4月に投入する。Xpress Card型は世界初の端末という。2機種はLTEと3Gのデュアル端末だ。会場ではXiを使った動画ストリーミングのデモも実施されており、受信実速は最大19Mbpsとなっていた。ちなみにXiは最大75Mbps(一部の屋内施設)、屋外その他エリアでは最大37.5Mbpsとうたわれている。

 また、山田社長は後半に「2011年度早々には、Xi版WiFiルータを投入する。さらに2011年後半には音声にも対応した汎用端末をだす」と予告した。

 「Xi」の料金プランは基本はFOMAと同様2段階制。5GBまでは上限6,510円で使用可能。Xiスタートキャンペーンでは2年間の契約を条件に上限4,935円で利用できる。ちなみに5GBでできいることとして動画約1,370分、音楽約1,280曲、サイト閲覧約17,500回、メール送受信(添付ファイルなし)約524万通が挙げられた。



■関連ニュース
NTTドコモ、裸眼3D対応スマートフォンの「LYNX」などスマートフォン4機種を発表
NTTドコモ、冬春デモルを一挙28機種!3D液晶搭載スマホや渋谷109とのコラボモデル
ドコモ山田社長、「徐々にスマートフォンに軸足を移していく」……冬春モデル発表会にて
iモード向け「ドコモマーケット」、12月6日から開始……個人制作のiアプリなども提供