JAPANTEX2010特集「飾育」テーマに11月17日(水)〜19日(金)、東京ビッグサイトで開催

写真拡大

インテリアファブリックス業界最大のイベントである「インテリアトレンドショー第29回JAPANTEX2010」(主催:(社)日本インテリアファブリックス協会)が、11月17日(水)〜19日の3日間、東京ビッグサイト西ホールにて開催される。また昨年に引き続き、「インテリアフェスティバル2010」(主催:(社)インテリア産業協会)、「IPEC2010」(主催:一般社団法人日本インテリアプランナー協会)が同時開催、さらに同じ西ホールにて、「生活用品トレードフェア」(主催:同展実行委員会)が、東ホールでは「ジャパンホームショー2010」(主催:(社)日本能率協会)、「HOSPEX Japan 2010」(主催:同前、一般社団法人日本医療福祉設備協会)が同時期開催される。生活関連産業に関連する5つの展示会が結集する形となり、業界内外からの注目度も高まっている。「インテリアトレンドショー第29回JAPANTEX2010」は、展示規模200社(640小間)。今回のテーマは、「Good day, Good style〔飾育〕――つながる、はぐくむ、まなぶ」。この「飾育」という造語は、目先のビジネスもさることながら、長い目で、日頃からインテリアを考える習慣を養い、より豊かな住生活を実現するための知識や技術を身に付け、明るく健全な住生活を実践出来る人々を育て、輪を広げていきたいとの思いを意味するもの。
同テーマの下、今年のJAPANTEXは非常に多彩な企画が用意されている。メインとなるアトリウム特別企画「HOTPOiNT」では、日本の誇る舞台芸術家・小竹信節氏のアートディレクションによる実在映像と創造映像をミックスしたバーチャル空間を披露、前回大きな反響があった「インテリア・トークセッション」は、「匠たちの仕事の流儀」をテーマに、4名の旬な人物が、インテリアに対する情熱を語り合う。また開催テーマである「〔飾育〕――つながる、はぐくむ、まなぶ」を意識して用意された計40講座にも及ぶ多彩なセミナーも注目である。
この他、恒例の「第7回インテリアデザインコンペ2010」の展示、学生達が独創的な世界観をデザインで表現する「クリエーターズタウン」なども、さらに充実した内容で展開される。

なお今年の「JAPANTEX」では、テレビ番組の制作・放映、テレビCM、全国紙への新聞広告など、かつてないほどの大掛かりなプロモーション活動を実施した。来場者数の目標は、昨年を大きく上回る2万5000名。業界関係者はもとより、一般ユーザーの来場増も見込まれるなど活性化が期待されている。■見どころ情報ピックアップ
(1)インテリア・トークセッション 〜匠たちの仕事の流儀〜
(2)WTP 窓リフォーム・カーテンクリーニング他実践的なセミナー連日開催
(3)幅広くバラエティーに富んだセミナーを40講座実施
(4)注目の企業が登場 出展者プレゼンテーション