6日、香港紙・文匯報は記事「海洋専門家談:日本巡視艇が高速で追い越したことが衝突の原因だった」を掲載した。写真は9月、福建省晋江の母港に戻った、海上保安庁の巡視船と衝突した中国漁船。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46771">

写真拡大

2010年11月6日、香港紙・文匯報は記事「海洋専門家談:日本巡視艇が高速で追い越したことが衝突の原因だった」を掲載した。以下はその抄訳。

香港職業訓練局海事訓練学院の楊沛強(ヤン・ペイチャン)マネージャーは、Youtubeに流出した尖閣沖での日本巡視船と中国漁船との衝突映像を見た上で、事故原因は日本巡視船が突然方向を変えたためと分析した。

【その他の写真】

楊マネージャーは漁船の右側に巡視船の航跡があると指摘。もともと右側にいた巡視船が漁船を追い越し左側に移動したが、、その際に漁船は速度を緩めることができなかったため衝突事故が起きたと分析している。

楊マネージャーは、巡視船の移動は危険な行動だと指摘。追い越しする場合には十分な距離をとらなければならないとの国際的な慣例にも違反していると批判した。また漁船よりも速く移動できる巡視船がぶつけられるわけがないと日本側の責任であると強調した。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<尖閣映像流出>「日本側が故意に流した映像」中国市民団体トップが語る―香港紙
<レコチャ広場><尖閣動画流出>そもそも機密?問題は「流出」なのか「事件」なのか―日本
<尖閣問題>日中間の問題に国際法は適用しない、「関係ない国」は介入するな―中国紙
<尖閣漁船衝突動画流出>「これは正当防衛」「船員は英雄」愛国行為に支持の声―中国
<在日中国人のブログ>尖閣問題で爆発、民間レベルの対立感情は役人の想像を超えていた