【NANIOの閑話休題】紅葉の季節。古人は紅より黄色に秋を感じていた!?

写真拡大

素材屋花子
紅葉、黄葉、褐葉…、色の差があるから美しい。 紅葉が美しい季節になりました。紅葉を細かく分類すれば、赤色に変わるのを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるのを「黄葉(こうよう、おうよう)」、褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と呼びます。でも、同じ種類の木でも、生育条件や個体差によって、赤くなったり黄色くなったりすることがあり、これらを厳密に区別するのが困難な場合も多く、結局まとめて「紅葉」とすることが一般的です。
「モミジ」という名前の由来は…。
 ところで、万葉集には紅葉する、ということを意味する言葉として「黄葉(もみつ)」という言葉が多く出てきます。それが名詞化したものがモミジ。それで、紅葉する植物の代表格であるカエデをモミジと呼ぶようになったわけです。ちなみに、カエデの名は、「カエル手」からきたとか。たしかに蛙の手に似ていますものね。
 しかし、なぜ先人たちが「紅葉」でなく「黄葉」という文字をあてられたのかについては定かではありません。昔の人は、赤いい葉より黄色く色づくさまの方に、より秋の美を感じていたのかもしれません…。
紅葉を楽しめるのは、今や秋だけではない。
 ちなみに、カエデの仲間は北半球に約150種もあるそうです。なかでも、カエデ科の数種を特にモミジと呼ぶことが多く、実際に紅葉が鮮やかな木の代表種。日本ではイロハモミジが代表的で、品種の改良もたいへんに進んでいます。実はイロハモミジの改良品種には、春の新芽そのものが赤く、次第に緑色に変化していく品種が多いのをご存じでしたか。つまり春にも紅葉が楽しめるわけです。
 秋の紅葉は、気温、湿度、日当たりなどの紅葉するための条件がそろわず色づかない地域もありますが、それに対して、春のもみじは一様に、芽吹けばどこでも美しい紅葉を見せてくれます。
 でも、やはり紅葉は、秋が似合うと思ってしまうのは僕だけでしょうか。夏から秋、そして冬へと進んでいく中で、気温が下がり、生長が止まり休眠する前に色づき、やがて落葉…という、その「終わっていく感じ」に情緒と無常観を強く感じるのです。皆さんはどうですか?
【文/NANIO】


■関連記事
尖閣ビデオ流出、さあどうする日本? 『萌え』ヲタ発想が意外に有効かも!?
「ダ・ヴィンチ電子部」電子書籍情報サイトオープン
天使ちゃんのスカジャンが発売決定!!
海上保安庁(?)がAKBを踊る!?
【あに☆こら】「海月姫」3話★ヲタ女子とリア充女子のカンケイ