女性が男性に対して一番幻滅を感じるのは、「マナー違反」をしたときだとか。優しさや思いやりが感じられないとき、約束を破ったとき......。そういったときに、女性の幻滅曲線は一気に上昇すると『男のマナーにはツボがある!』の著者、城田美わ子さんは言います。デートの際はもちろん、オフィスで仕事をしているときも、アフターファイブの場面でも、あなたのマナーには厳しいチェックの視線が注がれているもの。

 特に、マナー違反のなかでも「げっぷ」「大声」「おなら」「いねむり」「あくび」「時計見」は、6大失礼にあたるという説があります。中でも、男性はあまり気にしない問題として「げっぷ」があります。

 げっぷは食べたものと一緒に呑み込んだ空気が、胃や腸から逆流して出るもので、メカニズム的にはおならと同じです。ただ、おさえるのが難しいげっぷですから、出てしまったら「失礼しました」とただちに謝罪するしかありません。予防策としては、炭酸系の飲み物はげっぷを誘発しますから、つとめて飲まないように。ビールやシャンパン、ペリエなど炭酸系の水を控えるだけでも、かなりの予防効果があります。

 少しオーバーな例ですが、日々、忙しく公務をこなされている皇族方は外出時にはほとんど水分をとらないそうです。公務の最中にレストルームを使う"失礼"を避けるための対処ということですが、原因を断つというその姿勢に見習うところもあるのではないでしょうか。

 ビジネスでもプライベートでも、他人から評価されるには、マナー違反にならないよう失礼を犯す前に「予防」を心がけるという振る舞いが必要なのかも知れません。



『「男のマナー」にはツボがある!』
 著者:城田美わ子
 出版社:青春出版社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『「美味しんぼ」などのスピリッツ代表作がアプリに』(2010年10月31日05:51)
元少年ジャンプ編集長を編集長にマンガ誌創刊〜『月刊コミックゼノン』(2010年10月30日14:15)
『宝島社から女性月刊誌が2誌創刊』(2010年10月30日05:58)


■配信元
WEB本の雑誌