【あに☆こら】「海月姫」3話★ヲタ女子とリア充女子のカンケイ

写真拡大

前回の【あに☆こら】では「それでも町は廻っている」5話★草食系男子を作っているのは誰だと題し、「草食系男子」と「肉食系女子」の関係を考えてみました。
(画像:海月姫公式サイトより)(C)東村アキコ・講談社/海月姫製作委員会

今回は「海月姫」3話「魔法をかけられて」から、ヲタ女子とリア充女子の関係に迫っていきたいと思います!例によって「海月姫」3話のネタバレを含みますのでご注意ください。

女装男子の蔵之介(くらのすけ)はファッションもメイクもばっちりキマった「リア充」。独特の感性を持っていることも手伝い、尼〜ずに興味を抱くのだが、「オシャレ人間!」と拒絶されてしまう。4話での拒絶されっぷりには笑いました。

4話のラストで松阪牛を使った餌付けさk…いえ、友好条約を締結したおかげもあり、5話では蔵之介が近くに居ても尼〜ずが石化することはありませんでしたが「仕事なにしてるの?」「何歳なの?」と聞いて怒らせるなど、まだまだ理解し合うという段階には至っていない。という感じです。

蔵之介が月海(つきみ)を綺麗な女性に変身させたのは「女の子は全員が綺麗になりたいと思っているはずだ」という考えからでしょう。ですが月海は逃げ帰って顔を洗ったり、乙女ロードで晒される!と騒いでいました。

女子が変身するパターンのアニメや漫画でよくある「うそ…これが、私?夢みたいっ!こんなに綺麗になれるの?!」という反応とは明らかに違いましたよね。「新鮮!」と思いました。

海月のクララに餌をあげている時の月海は笑顔なのに、蔵之介がそれを覗きこんだ瞬間うんざりした顔をするシーンも印象的でした。そこまで拒否なのか?!と。

彼女(蔵之介は男ですが)たちは、常に「綺麗になりたいはず」「別に綺麗になりたいとは思わない」といった相容れない思考の下に動いているのでしょうか?

筆者は「ヲタ女子」と「リア充女子」に『(ヲタ女子・リア充女子)をどう思う?』という調査を行ってみました。

●ヲタ女子→リア充女子・キツそうなイメージ
・全員同じ様な物を身につけている気がする
・眩しい/輝いている
どう接していいのかわからない
・人種が別
・いい匂いがする
何を考えているのかわからない
・話しかけられると緊張する、素が出せない
・話についていけない
・一緒に居ると劣等感を感じてしまう

●リア充女子→ヲタ女子・大人しいイメージ
何を話題にしたらいいかわからない
何を考えてるのかわからない
・あんなに夢中になれる事があるっていいこと
・特別何とも思わない。普通。
・礼儀正しいイメージ
・同い年なのに敬語を使われる時がある
・無視されて凹んだことがある
・というか私も漫画も読むしゲームもするよ、仲間だよ
・人見知りの人が多い?

一部のみを紹介しましたが、返ってきたのはこんな感じの回答でした。

「どう接していいのかわからない」という回答を見て、同じ「女子」なのに「好きな物が違う」「感覚が違う」などということだけで、いつの間にか高い壁を作ってしまっているところがあるんじゃないかな?と感じました。

それって時として、すごく損なことだと思います。「もしかしたら壁の向こうに居る人は自分の知らない楽しいことを知っているかもしれない」「自分の世界を広げてくれる存在に出会えるかもしれない」こんな考え方はできないでしょうか。

時にはかなり勇気のいることかもしれませんが、自分の内側を人に見せること、相手の内側を見ることはすごく有意義なことだと思います。

それは女同士だけではなく、きっと人間同士というレベルの関係にも当てはまる事なんですけどね。

っと、かなり大きなところまで話を広げてしまいました。


ところで、まやや様のキャラが主役の月海より立ってますよね。あのポジション、超オイシイです!!


担当ライター:もぐみ

外部リンクの【アンケートサイトどうなのねっと「天然な女の子」について】のアンケートにお答え頂ければ幸いです。
内容は『天然な女の子』について。結果は次回の【あに☆こら】にて発表します!

回答期限は2010年11月10日 23時59分 まで。みなさんのリアルな声をお聞かせください!

*アンケートには『どうなのねっと』さんのサービスを使用させて頂いております。
▼外部リンク

テレビアニメ「海月姫」公式サイト
アンケートサイトどうなのねっと 「天然な女の子」について


■関連記事
新海 誠の最新作『星を追う子ども』公式サイトがオープン!!
【斉藤アナスイの本棚】「マンガの擬音」をメキョッ!する
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』第7巻が話題に!
コトブキヤフィギュア 遊☆戯☆王 デュエルモンスターズより『ブラック・マジシャン・ガール 召喚!!』
声優・明坂 聡美さん 汚部屋なう☆