【あに☆こら】「それでも町は廻っている」5話★草食系男子を作っているのは誰だ

写真拡大

前回の衝撃の5話感想。あ、あやせ…ちゃん?俺の妹の親友がこんなに××なわけがない記事に続き、【あに☆こら】として定期的にアニメのコラムを書かせて頂くことになりました、もぐみと申します。様々な切り口からアニメに迫っていきたいと思いますのでよろしくお願いします!
(C)石黒正数・少年画報社/それ町製作委員会(画像:amazon.co.jpより)

さて、今回の【あに☆こら】は『それでも町は廻っている』第5話の『実に奇妙なカード』のネタバレを含みますのでご注意くださいね!


歩鳥(ほとり)の弟、猛(たける)とクラスメイトのエビちゃんとのデートの話でしたね。最初はエビちゃんの強行でしたけど。
小学生のなんとも言えない掛け合いの懐かしさ、それから「草食系男子」「肉食系女子」の形成がこうやって進んでいくのか!という現代っぽさを同時に感じました。

パンチ喰らってもやり返さないどころか文句も言わないし、寒い中でもアイスを選んでくれる。

理不尽に感じても文句を言わない彼のスタンスは「優しさ」からくるものも関係しているのかもしれませんが、まぁどっちにしても尻に敷かれる体質なんだろうな…という印象を受けました。

歩鳥は思ったことをほとんど全て声に出しているのに対し、猛は思考としての台詞部分が多い。姉のキャラが強いと、その被害を被ってきた弟は文句や不満は心の中だけに留める術を手に入れられるのでしょうか。

と、ここで歩鳥の様な姉が全国の草食系男子を作りだしているのではないか…。結局は女子が男子を草食系にしているのでは!と筆者はハッとしました…。大和撫子と呼ばれる、数歩下がって男を立てる女性が減ってきているということ…?


そして、下の名前を聞かれた時のエビちゃんのあの顔には声を出して笑いました。
解ります!エビちゃんの気持ち!!誰しも好きな人には「特別」な呼び方して欲しい!でも、その大前提である名前を覚えてもらうというハードルすら越えていなかった…と。
大 シ ョ ッ ク !ですよ。

でもアイスを選んでもらった時のエビちゃんが可愛くてうっかり萌えました。結局、味はなんでも良かったんじゃないかと。「好きな人」に選んでもらえたことが嬉しいみたいな感じが堪らん!ツンデレ!

以前友人たちとしていた会話を思い出しました。
男性が女性に何かプレゼントする時には例え嘘だとしても「君のために選んだ」と言うとポイントが高い!

これです、これ!テストに出ますよ!

文句を口に出さずにそれをやってのけた猛は、将来モテ男でしょう。それに目を付けるとはエビちゃんは可愛い上に凄い!


ちなみに筆者にも小学生の頃、好きだった男子がいました。
喧嘩友達的な関係だったのですが、思い切ってバレンタインにチョコを渡したんです。で、ホワイトデーはソワソワしてました。何度も玄関に行ってみたりポストに入ってないか確認してみたり。今考えると相当イタイです。

夕方、玄関のチャイムが鳴ったので急いで出てみると

いやねぇ、あの子が照れちゃって、代わりに私が持ってきたのぉ!」と言いながらチョコを渡した男子のお母さんが立っていました…。超恥ずかしかった。チョコをあげた事実すら消してしまいたくなりました。
で、それからなんだか気まずくなって恋なんだか何なんだかあやふやになり、高校生になったある日、筆者の従妹とその男子が付き合い始めたことを知ってかなり複雑な気持ちになりました。昔好きだったとは口が裂けても言えませんでした…何このダブルパンチ!

そういう経験もあってか、猛とエビちゃんには末長くあんな感じでいて欲しいと心の底から思うのでした。

ところで、猛の友達が「伊勢海老のカルパッチョ!」って悪口を言っていましたが、伊勢海老のカルパッチョとか美味しそうじゃないか!貶せてないよ!と思いました。
筆者も昔、やまざき君って男子に「うるさい、学級王!」(筆者は学級王ヤマザキ世代なのです)って言ったことがありましたが、よく考えると貶せていない…。


担当ライター:もぐみ

▼外部リンク

それでも町は廻っている
学級王ヤマザキ-Wikipedia

■関連記事
『コンプティーク 2010年 12月号』付録はけいおん!!、らき☆すたなどの『萌え萌えお風呂ポスターセット』
声優・水樹奈々さん『松山百点 Vol.275』で愛媛を語る
メガハウス×アルター×ホビージャパン『メガホビ EXPO 2010』
エスビー食品『ピアット ぶっかけ!ラー油担々飯』・『ピアット ぶっかけ!ラー油高菜炒飯風味』
彼女に会いたくて強盗