尖閣諸島沖の「衝突事件」で、海上保安庁が撮影したと見られる映像が流出し、動画サイトに掲載された。もちろん、番組でも多量に垂れ流された。

   いったい誰が、なんの目的で!? 常日ごろ卓越した心理分析などで独自の「犯人探し」を得意とするテリー伊藤主任捜査官だが、今回は流出犯人の追求に消極的な姿勢を表明した。そんなことよりも、映像からわかった中国漁船の悪質さのほうが大事であり、また、中国に対して弱腰の政府も腹立たしいし、日本人はもっと怒れといった主張である。

機密情報の流出

   そのほか、あれやこれやと、まとまらないコメントの途中、テリーは「それより、これ見てくださいよ。ふざけた話じゃないですか!」と叫ぶ。コメンテイター曰く、論より映像。「見てほしい」のは、コメントタイムの最中も画面いっぱいに流れ続ける流出映像だ。


   「気持ちはわかるが、でも、やっぱり流出元がどこなのか――機密情報がこれだけ漏れる国っていうのは、とんでもないことになっちゃいますからね」と司会の加藤浩次。「国際関係ですごい信頼を失うと思う」と八代英輝・国際弁護士。

   いまさっき、愛車が追突されたとでもいうように興奮するテリーと、その他出演者とのテンション落差は際立っていた。

ボンド柳生

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
売れ筋商品が一目で分かる!!売れ筋ウォッチがオープン!