ブームになる日も近い!? 力強い演技が魅力の“チア男子”サークル「SHOCKERS」

写真拡大

シンクロに新体操と、“男子”が活躍する場面が増えてきたが、今はチアリーディングする男子、通称“チア男子”が人気だという。早稲田大学の「SHOCKERS」という男子サークルで、華やかかつアクロバティックにチアリーディングするイケメンの彼ら、今では追っかけファンもいるのだとか。

【写真】一番人気の“トップ”も、こんな面白い格好に!

興味津々の記者は、早速代表の大熊さんを直撃。手始めに、「曲やダンスは、誰が考えているんですか?」と聞いてみると、意外にも「自分たちで考えています!」との答えが。部員の数名が、それぞれ1〜2ヶ月をかけて、渾身の1曲を完成させるのだという。「今年はレパートリーが7曲ほどあるので、早稲田祭で披露するのは楽しみなんです!」と、大熊さんも自信満々の様子。曲調は、J-POPから洋楽、オーケストラまでさまざまで、それぞれの曲に合わせて、形にとらわれない面白い演技を取り入れているのだという。

また、演技の魅力について尋ねると、「チア男子の魅力は、女子にはない“力強さ”です。柔らかさやしなやかさはないかもしれませんが、男子ならではの力強さや激しさが際立つ演技構成になっています。バラエティに富んでいるので、誰でも楽しんで見られるんじゃないかな、と思いますよ」と、回答。女子にはない、男性の個性を発揮した構成も特徴のよう。

実は、このチア男子、注目されるきっかけになったのは、朝井リョウという若手作家。朝井さんは、現在、早稲田大学の学生で、昨年、デビュー作が12万部を超えるベストセラーとなった注目の作家だ。そんな朝井さんが書いた小説「チア男子!!」は、「SHOCKERS」などに取材をして青春を描いた感動の物語。現在好評発売中で、さまざまなメディアからも紹介されているほど、話題となっているのだ。

なんとも興味深い“チア男子”だが、11月6日(土)・7日(日)に開催される「早稲田祭2010」に登場するので、見たくなった人はチェックを! 技の力強さ、美しさ以外にも、笑いも交えた楽しい演目は、一度見たらはまってしまうこと請け合いだ! 【詳細は、11月2日発売の東京ウォーカーに掲載中】

【関連記事】
美人じゃなきゃ生き残れない!? 韓流映画にみる外見と恋の関係 (MovieWalker)
大ヒットの法則発見?キーワードは男装女性の恋 (MovieWalker)
来年のよしもとイケメンランキング1位はカリカ・家城!? しずる・村上が「負けたら舌かむ」 (ザテレビジョン)
イケメン武将に注目!戦国武将がおもてなしするカフェ (東海ウォーカー)
人気はジャニーズ並!?“イケメン落語家”の素顔とは (東京ウォーカー)