1万円未満 持ち歩けるA4対応ハンディスキャナ『ScanBit MHS-10』をエグゼモードが発売

写真拡大




エグゼモードは、パソコンに接続せずにボタンひとつでスキャンできるハンディスキャナ『ScanBit MHS-10』を11月5日より発売します。カバンに入れられるコンパクトサイズながらA4サイズに対応、予想販売価格は9980円(税込み)。

『ScanBit MHS-10』は、長さ25.4cm、重さ212g(付属品除く)とスリムサイズで、出張や外出時にも気軽に持ち運べるハンディスキャナです。ファイルした書類や雑誌の上にかざすだけでスキャンが完了するので、会議や打ち合わせなどに持ち込んで気軽に使えます。データ(JPG)はUSB接続でパソコンに取り込み可能。パソコンに接続していないときは、MicroSD/SDHCカード(32GBまで対応)へのデータ保存にも対応しています。また、単3アルカリ乾電池2本で駆動するため、コードレスで使用できます。

カラー、モノクロの2種類のスキャンモードを搭載し、解像度は600dpiを実現。最大スキャン幅は21cmで、A4サイズから最大127cmまでのスキャンに対応しています。また、パソコンに接続するだけでスキャン画像をネットに公開できる『ServerMan mini』ソフトウェア付属の2GBmicroSDカードをバンドル。『ServerMan mini』を利用すると、ハンディスキャナ本体がストレージになり、スキャンデータを『iPhone/iPad』や外出先のパソコンからリモートアクセスで参照することもできます。
 
 

■関連記事
電源&PC不要! 持ち歩いてどこでも使える『スーパースリムスキャナA4』
スキャナから直接『Evernote』へ!クラウド対応デバイスサーバー『N-TRANSFER』発表
厚い本もOK! 紙に負荷をかけない“上からスキャン”方式のスキャナ『Simply Scan』発売へ
液晶モニター付き SDカードに直接保存できるフィルムスキャナ『ScanBit FS-511』
ムダに豪華すぎる! ハンディスキャナ『ScanSnap漆塗り特別モデル』50台限定発売