芥川賞受賞作「限りなく透明に近いブルー」などで知られる作家の村上龍氏と、デジタルコンテンツ制作会社の株式会社グリオは11月4日、電子書籍の制作・販売を行う新会社「株式会社G2010」を共同で設立すると発表した。

 グリオは今年7月、紙の本に先駆けiPad用アプリとして村上氏の「歌うクジラ」を手がけ話題に。「G2010」の資本金は1000万。村上氏とグリオが折半で出資する。

 「G2010」では村上氏の「歌うクジラ」のほか、デビュー当時の手書き原稿を収録した「限りなく透明に近いブルー」、1987年から続くエッセイシリーズ「すべての男は消耗品である」を配信。村上氏の作品以外にも、よしもとばなな氏が電子書籍のために書き下ろしたエッセイ集「Banakobanashi/ばなこばなし」、瀬戸内寂聴氏の未発表の小説(タイトル未定)が現在の予定として挙げられている。坂本龍一氏が書き下ろした音楽やアートワークを加えて配信した「歌うクジラ」のように、電子書籍ならではのコンテンツ展開をしていくという。

 著者印税に関しては、開発費を回収した後、売上げの約40%を作者に配分する。出版社との関係も維持し、電子書籍として配信した新作を、出版社が紙の書籍として出すことも検討しているとのこと。

 また、同社が手掛ける電子書籍は、iPad/iPhone向けアプリとしての販売や、NTTドコモの「電子書籍トライアルサービス」への提供を予定。今後1年間で約20点の販売、1億円の売上を目指すとしている。







■ 関連記事
『角川グループとニコニコ動画が業務提携』(2010年10月29日13:17)
一生、「姫」で生きていく今の女性〜『私に萌える女たち』(2010年10月29日05:55)
「努力は必ず報われる」はウソ!?  「飽きること」のススメ〜『飽きる力』(2010年10月28日09:31)


■配信元
WEB本の雑誌