テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より


お疲れ様です。こちら弊社代表取締役社長、出澤のブログでございますが、出澤の執筆ペースが芳しくないので、本日も社員のスエヒロが「会社」や「社長」について代打で書かせて頂きたいと思います。来年のドラフトで指名される意気込みでで宜しくお願いします。




皆様、「本」ってお読みになりますか?恋愛、SF、ノンフィクションにエッセイに新書。毎年毎年、話題の本が登場するわけですが、2010年でいいますと、「1Q84」「もしドラ」なんかが話題になりましたよね。読まれた方も多いのではないでしょうか。

弊社出澤はといいますと、二宮金次郎よろしくオフィスでも薪を背負いながら本を読み耽っているようです。だいぶ椅子に座りにくそうですが社員は誰もつっこみません。やさしさですね。

そんな出澤はさておき。本屋さんで「話題の本」を眺めていますと目に入るのがいわゆる「」。その本の魅力を端的に紹介しくれる「帯」。「感動した!」とか「泣ける!」などなど。著名な方が書いているパターンも良く見かけますよね。思ったんですがこういう「帯」を頼まれるのって、なんかカッコいいですよね。文化人っぽいというか。弊社出澤にもいつか「帯」のオファーが来ればいいですよね。

そこで本日は、弊社出澤に「帯オファー」がばんばん舞い込む日に備え、「もし弊社出澤が帯を書いたら」をテーマに、著名な本をサンプルに「出澤の帯」をいくつか考えてみました。私の方で。なるべくキャッチーなもの、目を引くものを意識してみました。










「夏目漱石 / 吾輩は猫である」

02








「宮沢賢治 / 銀河鉄道の夜」

04








「サン=テグジュペリ / 星の王子さま」

06








「太宰 治 / 走れメロス」

03








「ヘッセ / 車輪の下」

01






オファーこないですかねぇ。


ライブドアでは諸々キャッチーなスタッフを募集しています。
株式会社ライブドア - 採用情報

以上、宜しくお願い致します。



この記事の元ブログ: ベストセラーを生み出すキャッチーな帯とはなんぞや


最新の人気記事はコチラ
坂本龍馬の選挙ポスターを考えてみたこのエントリーを含むはてなブックマーク
フリー画像だけで「天空の城ラピュタ」このエントリーを含むはてなブックマーク
ジンバブエブックマークとは?このエントリーを含むはてなブックマーク
入社一年目の5月病を回避するためには「第三の場所」を作るといいらしいこのエントリーを含むはてなブックマーク
自分の年齢を自覚するためには、仕事や学業よりもむしろプライベートの過ごし方を変える必要があるんじゃないかこのエントリーを含むはてなブックマーク
コピペしてすぐ使えるツイート集このエントリーを含むはてなブックマーク
ダークサイド・バナー制作入門このエントリーを含むはてなブックマーク