ついに解禁 Lanvin for H&M ムービー&コレクション

写真拡大

 「H&M(エイチ&エム)」が11月2日16時、「Lanvin for H&M」のコレクションムービーと全アイテムを公開した。ムービーには「Lanvin(ランバン)」アーティスティック・ディレクターAlber Elbaz(アルベール・エルバス)が出演し、ルック画像にはトップモデルのIRINA LAZAREANU(イリナ・ラザルヌ)を起用。同じく16時からはプレスプレビューが開催され、アイテムを初披露した。


【写真をもっと見る】

 「Lanvin」のAlber Elbazと、メンズウェア・デザイナーのLucas Ossendrijver(ルカ・オッセン ドライバー)とコラボレーションした「Lanvin for H&M」は、レディース・メンズのウェア、アクセサリー、シューズ、バッグなど、レディース46点、メンズ35点の全81点のアイテムを展開する。

 Alber Elbazがデザインしたレディースコレクションは、「Lanvin」が近年発表したデザインにインスパイアされたもの。Lanvinガールズが描かれたTシャツやAlber Elbazの得意とするカッティングが際立つドレスなど、極めて「Lanvin」に近いコレクション。Alber Elbazは、コレクションの仕上がりについて、「色やシルエット、また花柄が魅力的な幸福感に満ちた洋服が中心です。メロドラマ、極めてドラマティックでエモーショナル、そしてユーモアにもあふれたコレクションにとなっています」と語っている。

 Alber ElbazとLucas Ossendrijverがともにデザインしたメンズコレクションは、「Lanvin」が描くメンズファッションの理想像をひとまとめにし、ブランドの伝統美と21世紀のニーズを融合させた。タキシードに焦点をあて、テーラードのランニングパンツと合わせることでリアル・クローズへと落とし込んでいる。少し大きめのボウタイもラインナップし、カジュアルから上品なレイヤードルックまで多彩な着こなしが可能だ。

 東京・渋谷の「H&M」本社で行われたプレスプレビューでは、来場したファッション関係者が驚きの表情でコラボ商品を手に取り、その品質を確かめていた。エディター・スタイリストのミーシャ・ジャネットは、「完成度の高さには驚きました。そしていつまでも着られるようなクラシックなシルエットも。やはりこういう奇抜なドレスは普段H&Mといったマス向けのショップには並ばないので、モード系のデザイナーとのコラボレーションの重要性を改めて感じました」とコメント。また、集英社メンズノンノWEB編集記者の北條貴文は、メンズコレクションの印象を「超高級素材やクチュールテイストを謳った縫製ではなく、ヘム使い、グログラン、製品洗い加工、黒と紺ともつかない独特な群青色、型紙など、本家のエッセンスを惜しげもなく提供した新鮮なるデザイナーズ・アーカイブ」と話している。

 世界200店舗で発売予定の「Lanvin for H&M」は、国内ではH&M GINZA、HARAJUKU、SHIBUYA、SHINJUKU、EBISUBASHIの全5店舗で展開する。発売は11月23日。


■ランバンの魅力が詰まった全ルック・アイテム画像はこちら
・Lanvin for H&M(ルックブック編)
 http://www.fashionsnap.com/collection/hm/look/1011aw/
・Lanvin for H&M(レディースアイテム編)
 http://www.fashionsnap.com/collection/hm/lanvin/woman/1011aw/
・Lanvin for H&M(メンズアイテム編)
 http://www.fashionsnap.com/collection/hm/lanvin/mens/1011aw/

■Lanvin for H&M
URL:http://www.hm.com/jp/