【懐かしいゲーム特集】エレメカの歴史第13回「ドラキュラハンター」(幻のゲームを追え!その2)

写真拡大

テクノン工業の謎を追え!「テクノン工業株式会社」と言っても殆どの方が何のことなのかわからないと思われます。では「ドラキュラハンター」と言えば、やっぱり良く分からない方が大多数だと思われます。でも「ゲームセンターあらし」と言えば、30年以上前からのレトロゲームファンであればおそらくご存知の方も多いと思われます。

実はすがやみつるさんのゲーム漫画の元祖「ゲームセンターあらし」で「ドラキュラハンター」というゲームが取り上げられたことがありますが、その「ドラキュラハンター」(1980年リリース)を開発・販売していたのが「テクノン工業株式会社」だったのです。

その「ドラキュラハンター」の内容といえば、主人公の牧師がブーメランのように飛ぶ十字架を発射し、ドラキュラ・コウモリ等を全て倒す又はドラキュラ城が開いたときに十字架を撃つと面クリアなのですが、もう一つの要素として画面下部にいる美女を守りきれないと即ゲームオーバーになるというシビアな内容(以前ご紹介した「タンクバタリアン」でも採用されているシステムです)。1980年当時のゲーム市場でここまで高度な内容のゲームがリリースされていたということも驚きですが、30年経過した現在でも殆ど類似ゲームも出ていないということにもさらに驚きです。

さて、「テクノン工業株式会社」ですが残念ながら1980年の後半時点で既に倒産しているようです。そのため公式には「ドラキュラハンター」の版権は宙に浮いていると思われます(個人的にパソコンに移植したものはあるようです)。「ドラキュラハンター」が家庭用ゲーム機に移植される日は来るのでしょうか?それが「テクノン工業」最大の謎なのです。


▼外部リンク

ドラキュラハンター紹介HP
ドラキュラハンター

■関連記事
萌えは世界を救う!?日本鬼子の代表デザインがとうとう決定!!
民主党の三宅雪子衆院議員(45)が4Fから転落
『萌える!泣ける!燃える! ゼロ年代 珠玉のアニメソングスペシャル』に未公開ライブ映像を追加したライブ増量版がオンエア
『深田恭子写真集 「EXOTIQUE」』発売中
アニメ『レベルE』のキャストに浪川大輔さんと小林ゆうさん?