【懐かしいゲーム特集】「デビルワールド」(バーチャルコンソール版)

写真拡大

こんな魔界ならば行ってみたい?「デビルワールド」は1984年に任天堂株式会社からファミリーコンピュータ版としてリリースされたアクションゲームです。

「デビルワールド」はゲームとしては主人公「タマゴン」を操りパックマンタイプのドットイートのステージとバイブルを集めるステージ、ボーナスステージの3つで構成されています。また2人同時プレイも可能です。

ここまではそれほど際立った特徴が無いのですが「デビルワールド」では画面上部にいるデビルが画面をスクロールする指示を子分に出して動かしていきます。これにより2人同時プレイにもかかわらず強制スクロールがあるステージが実現されています。
非強制スクロールゲームにおける2人同時プレイ最近の通信システムがあるゲーム機等では事情が異なりますが、2人同時プレイ可能なゲームは固定画面又は強制スクロール(プレイヤーの任意スクロールではない)でないと殆どゲームとして成立しないと思われます。

例えば任意スクロールのゲームで2人のプレイヤーが互いに逆方向へ移動した場合を考えてみましょう(2人同時プレイの「パックランド」があった場合等)。その場合、画面のスクロール方向が片方しか対応出来ないためもう片方のプレイヤーは画面外になり、ゲームとして著しく困難な状態になるはずです(「スーパーマリオカート」のように画面を2分割すれば解消されますが、逆に1人プレイ時のときの画面構成でやや見づらくなると思われます)。

ちなみに非強制スクロールゲームにおける2人同時プレイが成立しているゲームもあります。代表例が「アイスクライマー」ですが、この場合画面外に移動したプレイヤーは強制的にミスになります。この場合は逆に非強制スクロールゲームにおける2人同時プレイの欠点をプレイヤー間の駆け引き等のゲーム性向上に昇華させた好例といえます。

これらの問題点も通信システム等の電子科学技術の向上により克服された面もありますが、そういう意味では昔のゲームデザイナーはアイデアで克服しようとした苦労が良く見えます。このような先駆者の功績があってこそ現在の多種多様なゲームが存在していることを認識していきたいものです。


©NINTENDO CO.LTD 1984
▼外部リンク

デビルワールド(バーチャルコンソール)

■関連記事
萌えは世界を救う!?日本鬼子の代表デザインがとうとう決定!!
民主党の三宅雪子衆院議員(45)が4Fから転落
『萌える!泣ける!燃える! ゼロ年代 珠玉のアニメソングスペシャル』に未公開ライブ映像を追加したライブ増量版がオンエア
『深田恭子写真集 「EXOTIQUE」』発売中
アニメ『レベルE』のキャストに浪川大輔さんと小林ゆうさん?