グルメ漫画の影響で、息子が拒食症に?
根強い支持を持つグルメ漫画。「食」は生活に直結した題材であるため、文化から社会、さらには環境問題にまでひろがる多様なテーマ性が魅力のひとつですが、教えて!gooに、こんな投稿が寄せられていました。

『美味しんぼ』という漫画で息子が拒食症に

この書き込みによると、漫画「美味しんぼ」の影響で、小学6年生の息子が拒食症になってしまったとのこと。農薬や保存料などの入った食品は口にせず、「こんなものを食べさせられるぐらいなら、食わない方がマシだ」が口癖になり、2度ほど栄養失調で倒れてしまったようです。本当ならすごい話ですが、これに対し、

   「食べ物に対する感謝の気持ちが完全に欠落していますよね。お子さんのいう『本物の料理』ではない料理を、なぜ我々人間は食べなければならないのか、その理由をご両親が自分の言葉でハッキリ説明すべきですね」(dio_worldさん)

   「栄養失調になるまで食べないというのは、息子さんの何かがSOSなんだと思います」(y-umiさん)

   「息子さんは拒食症ではなく『中二病』です」(SS30さん)

   「美味しんぼに影響されたというよりも、海原雄山という登場人物に感化されたのでしょう」(asgrnrさん)

   「自分で料理させるのもいいと思います。…料理してくれる人のありがたさもわかりますし、…週に1日か2日くらいは自分で料理させてみては」(hino_1984さん)

などなど、さまざまな声が寄せられました。その後、この息子さんがどうなったかは不明です。実はこの質問は投稿者の創作ではないかとも指摘されています。「美味しんぼ」は1983年から連載が続く人気コミックですが、過去に何度か作品内の記述が物議を醸したことがあります。投稿者は「息子の言葉」ということにして何かの批判を提示したかったのでしょうか。

■食べることへの感謝

一方で、この作品の内容については、こんな投稿も寄せられています。

『美味しんぼ』の料理を私も食べた〜い!

   「モデルになったお店、美味しんぼの味が体験できるお店、また実際に美味しんぼの料理を作ってみました!という方がいたら感想おしえてください」

というこちらの投稿者のコメントに寄せられた回答を抜き出してみると、

   「『いづう』の鯖寿司は本当においしいです」(kei935さん)

   「貧乏だった学生時代には目玉焼丼をよく自分って食べていました。もうバカうまです」(dekirukasiraさん)

   「『究極の豚肉』とか『すっぽんの刺身』とか、1回どんなものか食べてみたいですね」(bonogyさん)

   「(すっぽんの刺身は)臭みもなくて、美味しかったですよ。特に肝(?)みたいな部分」(noname#49981)

と、興味深い食べ物の名前がいろいろと出てきました。せっかくの食欲の秋。美味しいものをたくさん食べて、食べ物への感謝の気持ちを感じたいものです。

三枝大介(Daisuke Saegusa) →記事一覧

■関連Q&A
飲食マンガを教えてください
美食倶楽部や海原雄山は実在にモデルになった人がいた

■関連記事
「フィッシュバーガー」って何の魚?
「糖質ゼロ」飲料の“ウラ”を読む