宇多田ヒカルが和田アキ子に喧嘩売る! 「出来事のほんの断片を見て意見するのは報道ではない」

写真拡大




先日ガジェット通信でお伝えした新作ベストアルバム『Utada the best』に対してTwitterで「私の意志とは全く無関係 買わなくていいです」という発言が波紋を呼び、先日放送された『アッコにおまかせ!(TBS)』にて芸能界のご意見番長、和田アキ子が「同じアーティストというか、シンガーとして。あなたが言うことじゃないでしょって」と苦言した。

それに対して宇多田ヒカルは『Twitter』上で反撃に出たようだ。そこでは次のようにつぶやかれている。
「そういうのは気にしないのが一番さ〜。出来事のほんの断片を見て、もっと知ろうとせずにそれについてあれこれ意見するのは人の『趣味』であって『報道』とは違うと思うよ」
と和田アキ子の苦言に対して反論。和田アキ子はTwitterを使っていないので反論できないだろうが、このつぶやきは和田アキ子に届いているのだろうか。

今回の騒動の発端となったのは、11月24日にユニバーサルミュージックより発売される宇多田ヒカルのベストアルバムが、宇多田ヒカルの意志とは全く無関係のアルバムとなってしまい騒動となってしまった。

こういったレコード会社とアーティストとの揉め事は今回だけでなく、過去にもYMO、スピッツ、DREAMS COME TRUEなどのアーティストが同様なトラブルにあっている。レコード会社からしてみたらお金を払って手に入れた原盤なので、ベストアルバムにしようが自由なのだが、意図しない作品を出されたアーティストはたまったものではなくファンに対しても失礼だという。

和田アキ子は宇多田ヒカルを批難したが、仮に自分の意図しないアルバムがリリースされるとしたらそれは嬉しいことなのだろうか。

宇多田ヒカルのTwitter

■関連記事
思った人物やキャラクターを当ててしまう『Akinator』がiPhoneアプリになって登場! やる夫やひろゆきまで特定?
56万枚売れた『AKB48』のニューシングル『Beginner』がヤフオクに大量出品 しかも200円から
『MacBook Air』の製品プロモーションをまたも広島弁で! 「お好み焼き2枚分」
広島弁でiPadのプロモーションをする動画が面白すぎ 「あんた中国新聞見るじゃろ?」
生放送中にリアルタイムに化粧する女性再び! 「なんということでしょう」ビフォーアフターの差が凄い