スピーカーやウーファーが要らないボーズの新しいホームシアターシステム『VideoWave entertainment system』

写真拡大




ボーズは、1080pの46インチディスプレーにスピーカーとウーファーを内蔵し、本体以外にはスピーカーやウーファーを別途追加する必要がないホームシアターシステム『VideoWave entertainment system』を11月3日に発売します。価格は68万2500円(税込み)。

ディスプレー本体に6つの小型ウーファーを内蔵。専用設計の低音再生技術『ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジー』により、豊かで力強い重低音を再生し、新たに開発した『PhaseGuide sound radiator technology』により、7つの小型スピーカーとデジタルシグナルプロセッシングが連動して広がりあるサウンドを再生できます。

1台のコンソール部にブルーレイレコーダーやゲーム機など、7台までの周辺機器を接続できるほか、『iPhone/iPod』を接続できるドックを搭載。わずらわしい配線やスピーカーの設置場所に悩むことなく、自宅の部屋にホームシアターを導入できます。接続や設定は、ディスプレーに表示される案内に従うだけの簡単操作。部屋のサイズや形状、家具の配置まで解析して音場を調整する『ADAPTiQシステム』により、どんな部屋でも最良のサウンドが楽しめます。

リモコンは、タッチパッドを搭載した『クリックパッドリモコン』を採用。電源とチャンネル・ソースの切り替え、音量調整など最小限のボタン以外は、画面に表示されるインタフェースとタッチパッドにより操作が可能。『Video mute』機能により、映像を切って音楽だけを楽しむこともできます。

いささかお値段が張りますが、日本の住宅事情には、このようにコンパクトにまとまったホームシアターシステムがよさそう。いや待てよ、これが買えるぐらいのお金持ちはきっと広い家に住んでいるはずですよね……。

『VideoWave entertainment system』主な仕様
ディスプレーサイズ:W1130×D340×H754mm
ディスプレー重量:48.1kg
コンソールサイズ:W421×D237.5×H77.5mm
コンソール重量:3.2kg
リモコンサイズ:W51×D140×H28mm
リモコン重量:131g
映像/音声入力:HDMI×4
映像入力:コンポジット×3、コンポーネント×2
音声入力:アナログ×3、光デジタル×2、同軸デジタル×2
対応音声フォーマット:Dolby TrueHD、DTS Digital Surround、MPEG-2 AAC、Linier PCM 5.1


■関連記事
ホントに部屋のどこにいても聴こえる!ロジクール『360°サウンド』採用スピーカー製品レビュー
選べる5モデル『iPod/iPhone』対応アンプ内蔵スピーカー『Xa Lunchboxシリーズ』発売へ
PCに『iPhone/iPod』ドック搭載 音楽再生にこだわったオンキヨー『E7シリーズ』など発売へ
ロジクールから充電式バッテリー内蔵『iPhone/iPod』用ポータブルスピーカー『S715i』発売へ
『iPhone/iPod』などの音質を向上するサブウーファー『ZO Personal Subwoofer』