日本システムウエアがケータイアプリからAndroidアプリへの自動変換サービスを無料公開 チュンソフト『かまいたちの夜』にも適用

写真拡大




日本システムウエアは、携帯電話向けアプリをAndroidアプリに自動変換するサービス『Androidコンバートサービス』の試用サービスを無料で公開しました。同社は、チュンソフトの『かまいたちの夜』で同サービスを適用したと発表しています。

『Androidコンバートサービス』は、携帯電話用アプリのソースコードを変更することなく、Androidアプリに自動変換するサービス。タッチ操作用のソフトキーパッドや傾きセンサなど、Android向けにインタフェースを追加できるほか、入力フォームのカスタマイズが可能。描画処理はAndroid向けに最適化しているため、アプリを高速で動作できるとのこと。

auの『auオープンアプリ』とソフトバンクの『S!アプリ』に対応。NTTドコモの『iアプリ』については、試用サービスでは今のところ対応していませんが、年内に対応を予定しています。

Android版『かまいたちの夜』にも適用
KDDIが運営するAndroidアプリマーケット『au one Market』で、チュンソフトが11月1日から配信を開始した『かまいたちの夜』にもこのサービスが適用されています。プレスリリースで発表されたスクリーンショットを見ると、Android向けにメニュー画面のタッチ操作対応、大画面化が図られている模様。

膨大な携帯電話向けアプリの資産が、少ない工数でAndroidにも展開していくのは、スマートフォンユーザーにはうれしいニュース。携帯電話アプリを作ったことがあるクリエーターは、まず無料で試用してみてはいかがでしょうか。

Androidコンバートサービス
http://www.nsw-android.jp/convert.html

■関連記事
『Google TV』を待てないあなたに! Android搭載のインターネット対応テレビチューナー『OZZIO HB-D2R1A』製品レビュー
Android 2.2搭載スマートフォン『GALAXY S』発売日が決定! 同時にドコモがFlashや動画コンテンツ配信と電子書籍トライアルサービスを開始へ
KDDIが最新のAndroid 2.2搭載の7インチタブレット端末『SMT-i9100』を発表! いろいろ触ってみました
CMにレディー・ガガを起用して大攻勢! KDDIが『Android au』の新スマートフォン『IS04』『IS05』『IS06』を一挙発表
ソフトバンクが最新のAndroid 2.2搭載スマートフォン『HTC Desire HD』を発表