【懐かしいゲーム特集】「プリンセスメーカー」(PC版)

写真拡大

娘の成長を見守る!「プリンセスメーカー」は1991年にガイナックスからPC-9801版としてリリースされたシミュレーションゲームです。
娘の教育方針は?このゲームでは娘を教育して立派なレディに育てることが目的です。その教育方針は大きく分けると肉体労働系武闘派を目指すか気品溢れるプリンセスを目指すかとなると思われます。

最初のうちはアルバイトをして資金稼ぎをする(ある意味ガテン系ですね)ことがメインになると思います。どちらにしてもしばらくは資金稼ぎが必要になります(なおアルバイトでも能力が変化します)。

また「武者修行」モードがあり、そこでは急激に能力や資金が向上します。このモードはどちらかといえば一般的なRPGに近い内容です(この点から武闘派のほうが有利です)。
収穫祭!毎年、10月には「収穫祭」というイベントがあります。そのイベントでは「武闘大会」又は「美少女コンテスト」のどちらかに参加出来ます。

「武闘大会」のほうがおそらく条件的には優勝しやすいと思われます(「武者修行」に出ていれば条件達成がしやすいです)。

但し、このゲームの最大の難関「美少女コンテスト」は評価ポイントが急激に上昇するので是非とも優勝したいところです。
なぜなら、「プリンセス」を目指すために必須条件に近い評価ポイントが得られるからです。このゲームの醍醐味といっても良いでしょう。
バカンス!このゲームでは「バカンス」で疲労回復が出来ます。ちなみに「バカンス」では少々過激なグラフィックもありますので興味がある方はプレイして確かめてみるのも良いと思われます。
育成シミュレーションのその後「プリンセスメーカー」の後、「育成シミュレーション」や「恋愛シミュレーション」というジャンルが本格的に確立されました。「ときめきメモリアル」や「ラブプラス」といった人気ゲームは「プリンセスメーカー」に源流があったことは否定できないでしょう。

また「クドわふたー」や「ヨスガノソラ」等の美少女アドベンチャーゲームにも多大なる影響を与えていると思われます。

「プリンセスメーカー」を遊んでみると色々なことが見えてきます。一度プレイしてみましょう!


©GAINAX 1991
▼外部リンク

プリンセスメーカー リファイン版(ガイナックス)
プリンセスメーカー紹介HP

■関連記事
声優・田村ゆかりさん 2011年は19thシングル/写真集/武道館ライヴ
11月もけいおん!!フェアは継続中!!次なる獲物は『けいおん!!クリアファイル』
年末決戦『コミックマーケット79』のカタログがアマゾンで予約開始
スフィアメンバーが3Dに! DVD/BD『Sphere’s rings live tour 2010 FINAL LIVE』
【懐かしいゲーム特集】「マリオペイント」(スーパーファミコン版)