リー・ウェストウッド(イングランド)がタイガー・ウッズ(米国)の281週続いた世界ゴルフランキング1位の座を奪い、新しくその座についた。
 ウェストウッドは、1994年にニック・ファルド(イングランド)が1位になって以来のヨーロッパのツアープレーヤー、同時に1986年にこのランキングシステムが開始されて以来13代目の世界一となった。ウェストウッドは欧州ツアーで2度の賞金王になっているが、メジャーでは未勝利。今年のマスターズでは最終的にフィル・ミケルソン(米国)に敗れ2位、また今年の全英オープンでも優勝したルイ・ウーストハウゼン(南アフリカ)に7打差つけられ2位となった。
 日本人選手では国内男子ツアー「マイナビABCチャンピオンシップ」で2位に入った石川遼が45位に浮上、池田勇太は1つ順位を落とし54位となっている。

【男子世界ランキング】
1位:リー・ウェストウッド (8.29pt)
2位:タイガー・ウッズ (8.13pt)
3位:マーティン・カイマー (7.98pt)
4位:フィル・ミケルソン (7.83pt)
5位:スティーブ・ストリッカー (7.20pt)
6位:ジム・フューリク (7.09pt)
7位:ポール・ケーシー (6.14pt)
8位:ルーク・ドナルド (5.70 pt)
9位:ローリー・マキロイ (5.44pt)
10位:グレアム・マクドウェル (5.43pt)
【日本人選手】
45位:石川遼 (2.86pt)
54位:池田勇太 (2.55pt)
92位:薗田峻輔 (1.61pt)
172位:丸山茂樹 (1.04pt)
208位:今田竜二 (0.89pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
金庚泰が遼に約4千万円差をつけ賞金ランキング首位を独走!
アンが首位をキープ、さくらは差を縮められず
遼、1打届かず12アンダー2位でフィニッシュ
キム・キョンテ強し!今季3勝目
リー・ウェストウッドのプロフィール