ジェットコースターのパラドックス

写真拡大




今回はmedtoolzさんのブログ『レジデント初期研修用資料』からご寄稿いただきました。

ジェットコースターのパラドックス
もしかしたらパラドックスでも何でもなくて、「こうだよ」という、当然の説明があるのかもしれないのだけれど。

恐怖の使いかたについて。

ジェットコースターの怖さ
ジェットコースターのコースは怖いから、あえて恐怖を楽しみたい人たちがあれに乗る。

ジェットコースターのレールは、それでもうまく作られていて、乗客に恐怖を提供しつつ、理屈の上では絶対に脱線しないような構造になっている。

“脱線しない”という前提があったときに、恐怖が増すと、あの乗り物の楽しみかたが、より多彩になる。

ジェットコースターがより“怖く”なるほどに、叫ぶ人、あえて手を離してみせる人、しがみつく人、ジェットコースターの上であえて暴れてみせる人、恐怖の表現だとか、楽しみかたに様々な個性が生まれて、状況は多彩に発散していく。

一方で、たとえばジェットコースターの一番高い場所に、あえて平たんな、水平な一本道を用意して、そこだけ“安全レール”を外した状況を仮定する。

安全レールのないコースターは、下手すると脱線してしまうけれど、コースが平たんなら、それは単なるトロッコ列車と同じだから、よほど無茶をしない限り脱線はありえない。

ところがこんなコースを設定して、「ここは平たんですが、だれかばかが暴れると墜落します」なんて看板を出しておくと、異次元の怖さが生まれる。

恐らくみんな黙るだろうし、コースがちょっとでも不安定になったり、横風が吹いたりしたら、みんな固まって、コースターにしがみつく。

どちらにしても、ジェットコースターが提供するのは恐怖という刺激であって、安全に設計されたコースにしたって、ジェットコースターの事故確率は決してゼロになるわけじゃないから、実際のところ“ジェットコースターで死ぬ確率”は、恐らくはそんなに変わらない。

変わらないはずなのに、乗客の振る舞いは、恐怖が増すと、一つのやりかたに収斂(しゅうれん)してしまう。

恐怖の失敗というものがある
・イラクの民主化をなんとか進めようと、米軍が必死になって、イラクのテロリストが殺されるほどに、イラク国民は「米軍出ていけ」で固まって、民主主義は遠くなる。
・日本の学校で、先生が「静かにしろ」なんて、どれだけ声高にどなっても、むしろ子どもはもっと暴れて、学級崩壊はおさまらない。

何かの目的を達成するために、恐怖という道具を持ち出して、意図とは逆の結果がもたらされる。

これは“恐怖の失敗”であって、拡散と収斂(しゅうれん)、ねらうものによってやりかたが異なるのだろうけれど、同じ“恐怖”という刺激を集団に入力しても、やりかたによって、集団は発散することもあるし、一つに収斂(しゅうれん)することもある。

何がそうさせるのか、ジェットコースターに何かのヒントがある気がするのだけれど、今ひとつ一般化がやりにくい。

執筆: この記事はmedtoolzさんのブログ『レジデント初期研修用資料』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
できないことの使い分け
「ぼくのかんがえた どうせいあいしゃをさべつしていいりゆう」への反論まとめ
『Twitter』ブームの次は『Facebook』ブーム? 『Facebook』を単なる『Twitter』の代替手段と思っていませんか? そもそも何故“ブーム”にしたがるの?
円高だ! 円高だ! ドルで買うぞ買いまくるぞ!
やっぱりお釈迦様はすごかった