テーマパークのように施設が充実している「羽田空港新国際線旅客ターミナル」

写真拡大

オープン前から話題沸騰だった「羽田空港新国際線旅客ターミナル」が、10月21日にオープン。新ターミナルビルには、空港初出店ショップや、プラネタリウム・カフェ、デートにぴったりな展望ラウンジなど、“テーマパーク”のような施設とあり、メディアでも注目の的。そこで今回は、そんな羽田空港の魅力を7つに分けて紹介。これを見れば、“羽田マスター”になること間違いなしだ。

【写真】これが空港? アミューズメントパーク並みの内装にワクワク!

1:デパート級の品揃え! グルメも雑貨も、空港初出店が満載!

“Made In JAPAN〜羽田 Only One”がテーマの商業施設は、飲食、物販、サービス店舗など105店舗が勢ぞろい。うち74店舗がフライトせずに入れる一般エリアにあるので、飛行機に乗らない人でも楽しむことができる。また、人形町今半の新業態「たか福」や、超人気「焼肉 チャンピオン」など、空港初出店の店舗が約40店も! 空港とは思えない、この充実感を味わいに、ぜひ訪れてみて。

2:展望デッキが、夜景ビュースポットの新名所に!

視界の開けた展望デッキは、眼下の滑走路から飛び立つ飛行機を眺める絶好のビュースポット。夜はライトアップで幻想的な雰囲気になり、今までの空港からは想像できないほどロマンティックな場所に。フライト前や到着後はもちろんのこと、飛行機に乗らなくても楽しめるので、最高のデートスポットなのだ。

3:人気キャラが集う“キャラゾーン”が誕生!

ハローキティをはじめ、しろたん、モンチッチなど、日本が世界に誇るアニメやキャラクターのショップが集合。“ハローキティ流ジャパニーズスタイル”がコンセプトの「ハローキティジャパン」では、着物をまとったキティがお出迎え。タテゴトアザラシ「しろたん」の限定グッズ登場など、レアモノも多数揃う。キャラ好きにはたまらない、話題のスポットになりそうだ。

4:スロットカーサーキットでカーレースができる!

全長約50m、10ものレーンがある日本最大級のスロットカーサーキットが店内に登場。約20種のリアルなレンタルマシンから自分用に好きなものを選び、実際に走らせて、レースを楽しむことができる。もちろん購入もOKなので、コレクションとして揃えるのもアリ!?

5:空港に江戸の町並みが出現!

テレビでも話題の、飲食店や物販店が軒を並べる“江戸小路”は、江戸の街を本格的に再現。神田明神の色彩をイメージした赤い柱の江戸舞台や、中村屋の芝居小屋を中心とした木造建築など、細かい部分にまでリアルさにこだわっている。歩くだけでも楽しめるこの人気スポットは、ぜひ立ち寄りたいスポットだ。

6:空港初! プラネタリウムのカフェ

本格的なプラネタリウムが楽しめるカフェ「Planetarium Starry Cafe」は、空港初登場。4000万個の星空をクリアに映し出す映像と音響は、いっきに非日常に引き込まれるほどの、すごい迫力だ。14:00〜17:00の間に数回、約15分間上映されるので、そのチャンスを見逃さないで。また、プラネタリウム上映以外は、世界各地の風景映像が流れるカフェになるので、長時間いても楽しめる。

7:これは便利! 24時間営業のレストラン&カフェが登場

夜遅めのデートや小腹がすいた時には、24時間営業している「DINING24羽田食堂」や「カフェ カーディナル」へ。広い店内で、ゆっくりのんびりといつでもご飯が食べられるので、夜景デートのあとや、遅いフライトのときは、ここに立ち寄って癒されてみては?

今回紹介した施設は、どこも一般エリアにあるため、気軽に行けるのが魅力。空と直結した“東京の新名所”、まだの人は今週あたりお出かけしてみては? 【詳細は、10月19日発売の東京ウォーカーを参照】

【関連記事】
有名店が軒を連ねる! 羽田空港の“注目グルメ” (東京ウォーカー)
グルメに芝居! 日本橋の新名所コレド&ユイトの見どころとは? (東京ウォーカー)
嵐が羽田空港再拡張供用記念式典に出席! 羽田が変われば、日本が変わる!? (ザテレビジョン)
嵐アルバムがミリオン達成!新生“ARASHI Million JET”も登場! (ザテレビジョン)
滑走路内も見学!“羽田空港バスツアー”が大賑わい (東京ウォーカー(全国版))