インテリジェンス(東京都千代田区、高橋広敏社長)は、大都市圏のホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表す2010年7月〜9月の「転職求人倍率」をまとめ発表した。

 今回調査の「転職求人倍率」は、同社が運営する転職支援サービス登録者1人に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値。2010 年9月の転職求人倍率は1.08 倍で、前月比0.06ポイントの上昇となった。7月には1年半ぶりに1倍を回復、8月、9月と堅調に回復している。

 業種別の求人倍率では、9月は「メディカル」が3.27倍と最も高く、次いで、「IT/通信/インターネット」(1.18倍)、「メーカー」(1.09倍)と続く。継続的に中途採用を行っているメディカル業界や、Web関連の中でも急速な成長を遂げているソーシャルネットワーキングサービス(SNS)企業での採用が増加している。

 同社では、「2010年7〜9月は、円高リスクが日本経済の成長に歯止めをかける形となりましたが、転職市場においては確かな成長の足取りが見られます。特に、インターネット関連のソーシャルネットワーキングサービス企業やフラッシュマーケティング支援企業では、営業職、開発エンジニア職を中心に数百人単位での中途採用求人が出てきており、採用意欲が旺盛です。中でもLAMPエンジニア(Linux+Apache+MySQL+PHP/Perl/Python)の採用が過熱している状況です」

「一方、特に自動車、電機、電子といった一部の製造業では、下期の増員計画見送りや、選考途中での採用条件見直しといった例が出始めました。リーマン・ショック以降、転職市場は2009年4月の0.68倍を底に回復を続けてきましたが、ここにきて不透明さを増しつつあり、特に、これまでアジア経済や新興経済発展国の恩恵を受け、堅調に求人数が増えていた製造業にとって、リスクをはらむ形となっています。ただ、メディカル業界、IT/通信業界の採用意欲が今後も継続する見通しであることに加え、秋以降は不動産、外資系アパレルといった内需産業の求人が活発化してきていることから、年内いっぱい、転職市場は回復基調を維持するものと見られます」(美濃啓貴DODA編集長)と転職市場の状況を解説している。

転職者の平均応募社数が過去最多の23.5社、活動期間も長期化
【独自調査】グローバル人材の求人動向-電機・素材業界で求人増加
医療・福祉が女性の雇用を下支え、非正規雇用は初の減少

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。