フランス人が日本のボーカロイドファンのVTRを見て「気持ち悪い! VTR止めてーッ!!」と嫌悪感

写真拡大

フランスのテレビ局が放送している報道バラエティ番組が、日本のボーカロイド『初音ミク』や『巡音ルカ』等の情報を報じた際、それらのコンサートに集まった客たちの熱狂ぶりを見た女性司会者が「気持ち悪い! もういいからVTR止めてーッ!!」と発言する出来事が発生した。

どうやらこの女性司会者は熱狂している日本人のボーカロイドファンをキモいと感じ、嫌悪感を露にしたようだ。他の出演者の反応も似たようなもので、苦笑いしながら気持ち悪がっている様子が映されていた。その一部始終が動画共有サイトYouTubeに掲載され、大きな話題となっている。

・インターネットの声
「ミクの技術は確かに凄い。しかし、そのファンの中にはミクの評価を汚すような方がいるのも­事実」
「残念ながら一般の人には受け入れられないものだと思う」
「フランスに未来が無い事がわかった」
「フランス人には失望したよ! 新しい概念やSFみたいな科学技術は嫌いな国なんだね!」
「コメンテイターさんは心の狭さと保守性をひけらかしたい方々な­のでしょうね」
「キモいキモい言ってる奴等はまだ入り口。キモさを許容して初めて新しいステージに立てるんだよ」
「おフランスも電子音を楽器で再現するという変態集団が有名じゃないか」
「オタクのせいで日本のイメージが悪化しまくりだな」
「どこの国にも信者とアンチがいるってだけだろ」
「そりゃ曲がしょぼくて稚拙だもん。ファーストフードとしてもダメダメなレベル」
「だから、萌えキャラでいるかぎり、ミクは絶対に世界で通用しないって」
「どうせキモイんだからもっと自信持てよ」
「なぜオタクはこうなるまで自分のセンスに疑問を持たなかったのか」

どうやら、日本にもフランス人司会者と同じようにボーカロイドファンをキモいと感じている人が多いようだ。しかしフランス人司会者たちに対する非難の声も多く、ボーカロイド(とそのファン)に対する考え方が二分しているようだ。あなたは、ボーカロイドのコンサートに集まった熱狂ファンたちをどう思う?

screenshot: YouTube.

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりITニュースがあります