メガネ不要! 8型TFTカラー液晶を搭載した3Dフォトフレームをエグゼモードが発売へ

写真拡大




エグゼモードは、8型TFTカラー液晶ディスプレーを搭載し、専用メガネを使わずに3Dの世界を楽しめるデジタルフォトフレーム『EXEMODE PF-3D8』を11月上旬より発売します。2D写真データを3Dに変換・加工できるソフトウェア『3D Magic』も付属。予想販売価格は2万4800円(税込み)

『EXEMODE PF-3D8』は、800×600ピクセルデジタル液晶の8型LCDカラー液晶ディスプレーを搭載した、3Dおよび2D静止画や動画の再生も可能なデジタルフォトフレーム。スピーカーを内蔵しており、音声付きの動画や音楽ファイルの再生にも対応しています。富士フィルムのMPOフォーマット(3D対応カメラで撮影されたフォーマット)をサポートしているほか、2Dの写真データを3Dに加工できるソフトウェア『3D Magic』も付属。手持ちのデータを3D化してリアルに飛び出す立体画像を楽しめます。

電源のオン/オフ、動画の再生/巻き戻しなどは付属のリモコンで操作可能。時計やカレンダー表示、アラーム機能も搭載しています。SD/SDHCカード、マルチメディアカード(MMC)、USBメモリーの各メディアに対応しており、パソコンや携帯電話などからのデータ転送もスムーズです。

それにしても、2Dでは表現しようがない3Dモニターのイメージは「飛び出している絵」にしかならず、不自然かつこっけいですね。でも、10年後の世界では、こんな「3Dモニターのイメージ写真」なんて時代の風物になってしまうのかもしれません。サイズは、W218×H173×D23mm(突起部除く、スタンド収納時)、重さ約470g(付属品除く)。
 
 

■関連記事
3DメガネなしでOK! 動画、写真が飛び出す『3Dデジタルフォトフレーム』
自分で描いた絵や文字を立体視できる『ポスカ 3D 8色セット』
パイオニアが『ブルーレイ3D』に対応した家庭用BDプレーヤー2機種を発売へ
裸眼で立体視出来る3Dディスプレ-を自作! ニコニコ動画経由でも初音ミクが立体に見える
【CEATEC JAPAN 2010】ちょっとドキドキする! 3D美女がカメラ目線であなたに迫るシャープのモバイル3Dカメラ展示